コラム

希少価値のあるカラーダイヤモンドとオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取りで、重要になってくるのは、4Cと言われている、キャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つが最も重要になり、この4Cが基準となって、ダイヤの買取りが行われています。

ダイヤは、透明なものだけではなく、カラーダイヤモンドと呼ばれている色の付いているダイヤもあります。レッドやブルー、オレンジ、イエロー、ピンクなど様々な色があるので、自分の好きな色のダイヤを選ぶことができます。また、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色のダイヤよりも、希少性のあるダイヤとなっているので、価値の高い色のダイヤとなっています。ここで、注意しないといけない点として、いくら価値のあるダイヤを持っていて、その色が人工的に着色されている色である場合は、価値はほとんどなくなってきてしまいますので、買取りの相場も低くなります。ですので、自然の色の状態であることが大切です。

オーバルカットは、小判型のカットをダイヤに施しているカットになっていて、ラウンドカットにないリズムや落ち着きのあるスマートさがこのオーバルカットの魅力になっています。全体のプロポーションのバランスが取れているかどうかがオーバルカットの重要なポイントになっています。

ダイヤモンドの買取りとオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取りは、何を基準としているかというと4Cを基準として行われています。この4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことを指しています。

ダイヤは、無色透明なものが最も有名で多くの人に知られていますが、無色透明なもの以外にも色の付いているカラーダイヤモンドというダイヤも存在しています。色の種類としては、オレンジ、イエロー、レッド、ブルー、グリーンなどたくさんの種類の色が存在します。このたくさんある色の中で、最も希少性や価値がある色が、ピンクやパープルといった色になっています。このピンクやパープルといった色は、希少性があり、価値の高いカラーダイヤモンドですが、人工的に着色されているものと比較するとその価値は、ほとんどなくなってきてしまいます。ですので、人工的に着色されていないで、自然の色のダイヤが最も重要となってきます。

オーバルカットは、他の色石のカットとしては、最もポピュラーである船状のカットをダイヤに施しています。船状のカットを施すことにより、ラウンドカットでは、表現することがでいないようなリズムや落ち着いたスマートさを得ることのできるカットになっていて、全体のプロポーションのバランスが最も重要になってくるカットです。

希少性のあるカラーダイヤモンドとオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取では、4Cと言われている4つのことが重要になってきます。その4つとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことです。ダイヤを査定する際にはこの4Cが基準となって行われています。

ダイヤの中には、色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。色も豊富で、レッドやブルー、オレンジ、ピンク、パープルなど他にも様々な種類の色のダイヤがあります。様々な種類の色があるダイヤの中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、特に希少価値の高いダイヤとなっていますが、その色が人工的に着色されている色の場合には、希少価値も薄れてしまい、非常に価値が低くなってしまいます。ですので、人工的に着色されているダイヤの見積もりをしてもらっても、自然の色のダイヤと比べると低い金額を付けられてしまいます。

オーバルカットは、他の色石のカットとしては、最もポピュラーである小判型のカットをダイヤに施しています。小判型のカットを施すことにより、ラウンドカットでは味わうことができないリズムや落ち着いたスマートさを得ることのできるカットになっています。オーバルカットは、全体のバランスが取れているかどうかが大切になってきます。