コラム

ダイヤモンドの査定の基準とラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りの相場は、変化が激しいことで有名ですが、ダイヤの買取りでは、主に4Cと言われている、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つを重視して査定が行われています。

ダイヤは、無色透明なものほどその価値は高くなってきますが、カラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤの中には、無色透明なダイヤよりも価値の高いダイヤも存在しています。色のあるダイヤは、レッドやブルー、グレー、イエロー、ピンクなど実に様々な色のダイヤがあります。その様々な色がある中で、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色よりも希少性があるダイヤとなっています。ですので、他の色のダイヤよりも価値が高いダイヤですが、中には、人工的に着色されているダイヤもあるので、注意が必要になります。人工的に着色されているダイヤの場合は、市場などにたくさん出回っているので、希少性もなくなってきて、価値も失われてしまいます。

ラウンドカットは、ダイヤの輝きを最も効果的に美しく表現することのできる58面体によるカットになっています。ラウンドカットは、他のカットと比べると強い輝きを放つことができるカットになっていて、原石の半分が失われることになるので、他のシェイプよりも割高になっている傾向にあります。

ダイヤモンドの4Cとラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りで、もっと大切になってくることがあります。それは、4つあり、一つ目は、キャラットです。キャラットは、ダイヤの重さのことを表しています。二つ目は、カラーです。カラーは、そのままダイヤの色を表しています。3つ目は、クラリティです。クラリティは、ダイヤの透明度を表していて、ダイヤの色が透明であればあるほどその価値は高くなってきます。そして、4つ目は、カットです。カットは、ダイヤの形を表しています。この4つのことを合わせて、4Cと呼びます。

ダイヤには、色があるカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。レッド、ブルー、グリーン、グレー、ピンクなど様々な色があり、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色よりも希少性があり、価値の高い色になっています。価値の高い色のダイヤであったとしても、それが人工的に着色されている場合には、自然の色のものと比較しても価値はほとんどなくなってきてしまいます。

ラウンドカットは、ダイヤモンドの輝きを最も効果的に映し出すことが可能になる58面体からなるカット方法になっています。他のカットよりも強い輝きが放たれていて、原石の半分を使うことになるので、他のシェイプと比べて割高なカットです。

ダイヤモンドの査定基準とラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4Cと呼ばれている4つの基準で、査定が行われています。ですので、ダイヤを査定に出す際には、この4Cが最も重要になってきます。

ダイヤは、無色透明なものだけではありません。ダイヤの中には、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。レッドやグレー、ブルー、グリーン、ピンク、イエローなどその他にもいろいろな種類の色のダイヤがあります。その中では、ブルーやピンク、パープルといった色が最も希少性があり、価値の高い色のダイヤになっています。この希少性があり、価値の高い色のダイヤでも、市場にたくさん出回っている人工的に着色されている色のダイヤの場合は、自然の色のダイヤと比べて、その価値はほとんどなくなってきてしまいます。ですので、人工的に着色された色のダイヤの見積もりをしてもらって、極端に低い金額が付けられてしまうこともあります。

ラウンドカットと呼ばれているカットの特徴は、ダイヤの輝きを最も美しく映し出すことのできる58面体のカットになっているのが特徴になっています。このラウンドカットは、原石の半分が失われてしまうので、他のシェイプと比べると割高になっています。