コラム

ダイヤモンドの価値についてとハートカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、ダイヤの見た目の問題も重要ですが、他にもダイヤの重さや色、透明度なども重要な査定基準となっています。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれている、レッドやブルーや、オレンジ、イエロー、ピンク、パープルなどの色をしているダイヤがあります。これらのダイヤは、色によってまた価値が異なっていて、価値の高い色のダイヤとなっているのが、ブルーやピンク、パープルといった色になっています。このブルーやピンク、パープルといった色は、希少性があるために価値が高くなっていますが、天然の色の状態であることが大切になっています。人工的に着色されていたりするとそのダイヤの価値は下がってきてしまい、買取りの相場も低くなってしまいます。

ハートカットは、ハートの形をしているロマンチックなカットとなっているので、恋人などへのプレゼントとして人気があり、若い人達にも人気があるカットになっています。カットは、ダイヤモンドの中でも、唯一、人為的にコントロールが可能な部分になっていて、職人の技術によっては、ダイヤの価値が左右されるほど重要になっています。また、カットによってもダイヤの特徴などは変わってきます。

ハートシェイプのレッドダイヤモンド買取は人気が高い

ハートシェイプのレッドダイヤモンドの買取で重要なポイントはなんでしょうか。

このカット方法は文字通りハートマークの形をしています。この形にカットできる原石はマックルと呼ばれる平面状で三角形のものになります。原石が限られていてさらにカットのロスも多いため高価なカットになります。天然のファンシーレッドダイヤのマックルというと非常に希少価値が高くなるのではないでしょうか。しかしファンシーカラーのレッドダイヤモンドでさえ、世界中の宝石ディーラーでも見たことのない方が大半を占めるほど珍しいです。この場合は高確率でトリートカラーダイヤであるでしょう。トリートカラーは無色のダイヤに人工的に色を出したもので、鉱山で採れたときから色のついてるファンシーカラーと比較するとかなり割安になります。しかし人工的に色を出せることは強みとなり、ビビットカラーのダイヤをお手頃に楽しめるので、若い女性を中心にジュエリーとして人気が高いでしょう。ハートシェイプダイヤであればロマンティックで愛らしい形をしていますし、ジュエリーに合わせる人も多いです。ジュエリーの場合はネックレスや指輪に使用されている素材や装飾なども買取の価値として加味されます。

レッドカラーのハートシェイプダイヤモンドの買取見積額は高価?

レッドカラーのハートシェイプダイヤモンドの買取見積額は、場合によってはとても高価になります。レッドダイヤモンドはその存在を知っているひとさえ珍しいものです。実際には希少性の高いピンクダイヤモンドの中から赤いものを選出したもので、まさにレアの中のレアでとても高価です。純粋に赤いものから紫色がかったもの、オレンジ色がかったものという3種類が評価基準としてあります。しかしこれだけレアなものなので、一般的に見かけるものはほとんどが無色のダイヤを加工して色を出したものになります。こちらは天然のものに比べかなり価値が下がってしまいます。天然か人工色かで価値がかなり変わるので、査定書などで確認しましょう。

ハートシェイプは愛の象徴とも言え、ロマンティックで愛らしい形をしています。個性的な存在感を放ち、様々なジュエリーに合わせられることが多く、若い女性に大人気です。このカットをするにはマックルという平面状で丸っこい三角形の原石が必要になります。限られた原石からカットされるということで高価になります。

レッドでハートというと、とても相性の良い組み合わせです。まさに女性が好み、色が天然でも加工でも需要の高いものになるでしょう。