コラム

ダイヤモンドの買取りで行われる4Cとオーバルカットについて

ダイヤモンドは、地球上で最も硬い物質として知られています。その何物にも傷付くことのない耐久性から宝石の女王とも言われています。そんなダイヤの買取りでは、4Cと言われている4つのことが最も重要になってきます。この4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことで、この4Cを基準として、ダイヤの査定や見積もりが行われています。

ダイヤには、色のあるカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。レッドやブルー、グリーン、パープル、ピンクとなどの様々な種類の色のダイヤがあります。その中でも、ピンクやパープルといった色に関しては、他の色のダイヤよりも、希少性があり、価値がある色のダイヤとなっています。ピンクやパープルといった色は、希少性もあり、価値の高いダイヤですが、注意しないといけない点としては、そのダイヤが人工的に着色されている場合には、市場に出回っていることも多いので、価値はほとんどなくなってしまうので、注意しないといけません。

オーバルカットは、他の色石のカットとして、最もポピュラーである小判型のカットになっています。オーバルカットには、ラウンドカットにないリズムや落ち着きのあるスマートさがあります。