コラム

ダイヤモンドの買取りの主な基準とハートカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことが主な基準となり、査定が行われます。それぞれの意味については、重さ、色、透明度、形状を表しています。

ダイヤの中には、カラーダイヤモンドと呼ばれている色の付いているダイヤがあります。レッドやブルー、イエロー、オレンジ、パープルなど様々な種類があります。色にもよって、ダイヤの価値が変わってきて、ブルーやピンク、パープルといった色は、希少価値の高いダイヤとなっています。また、注意しないといけない点として、いくら希少価値の高い色のダイヤだったとしても、そのダイヤが人工的に着色された色のダイヤの場合は、希少価値はなくなってきてしまい、価値も低くなってしまいます。ですので、買取りの相場も当然低くなってしまいます。

4Cと言われている4つの中には、唯一、人工的にコントロールすることが可能な部分があります。それは、カットと呼ばれている形状のことです。カットには、たくさんのカットがり、それぞれのカットによって、特徴などが変わってきます。ハートカットは、ハートの形をしているカットとなっていて、主に愛の気持ちを伝えたいときなどにプレゼントされることが多いカットです。