コラム

カラーダイヤモンドについてとエメラルドカット

ダイヤモンドの買取りで最も重要になってくることがあります。それは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことです。この4つが基準となって、ダイヤの買取りが行われています。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれる色の付いているダイヤもあります。レッドやグリーン、ブルー、イエロー、オレンジ、ピンク、パープルといったように様々な種類の色があるのが特徴となっています。ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色のダイヤよりも希少性のある色のダイヤとなっているので、他のダイヤよりも、価値が高くなっています。ですが、価値のある色のダイヤだったとしても、その色が人工的に着色されている場合には、価値は低くなってしまうので、買取りの相場も当然低くなってしまいます。

ダイヤの形状を表しているカットは、いろいろな種類のカット方法があります。カット方法にもよって、ダイヤの印象なども大きく変わってきます。エメラルドカットは、エメラルドのカットとして、用いられているカット方法で、平面が広いために内包物や傷がある石には向いていませんが、グレードの高い石を使えば、ブリリアントでは表せない清純で透明感のある美しさを表現することができます。

ダイヤモンドの価値とエメラルドカットの特徴

ダイヤモンドの買取りで大切なことは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが大切で、この4つを意識しているだけでも、買取り金額はまた変わってきます。

ダイヤには、無色透明なものだけではなく色が付いているカラーダイヤモンドがあります。レッドやブルー、オレンジ、グリーン、ピンク、パープルなど様々な色があります。また、色のよって、ダイヤの価値が変わってくるのも特徴となっています。価値の高いダイヤの色は、ブルーやピンク、パープルといった色になっています。ですが、ブルーやピンク、パープルといった色でも、自然の状態の色であることが大切になってるので、人工的に着色されていると自然の状態の色のダイヤと比較しても、ダイヤの価値は落ちてきてしまうので、注意が必要になります。

エメラルドカットは、エメラルドのカットとしてよく用いられているカットになっていて、平面が広いことが特徴となっているので、内包物や傷がある石にはあまり向いていませんが、グレードの高い石を用いることによって、ブリリアントとは違う清純で透明感のある美しさを得ることのできるカット方法になっています。このようにカット別に様々な特徴があります。

カラーダイヤモンドの希少性とエメラルドカット

ダイヤモンドの買取では、どのようなことを最も重要になってくるかというとダイヤには、査定の基準というのがあります。その査定の基準とは、いわゆる4Cといわれている、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことです。この4つがダイヤの査定の基準となっています。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれる色があるダイヤも存在します。レッドやブルー、グリーン、イエロー、ピンク、オレンジ、パープルなど様々な色のダイヤがたくさん存在しています。そのたくさんの色がある中で、ブルーやピンク、パープルといった色は、最も希少性の高い色となっています。希少性の高い色となっているので、他の色のダイヤよりも価値が高いダイヤとなっていますが、そのダイヤが自然の状態の色であることが大切になってきます。もしも、人工的に着色されている色のダイヤの場合は、いくら価値がある色のダイヤだったとしても、当然価値は下がってきてしまいます。価値が下がってしまうので、人工的に着色されている色のダイヤは、見積もりをしてもらっても低い金額が付けられることになってしまいます。

エメラルドカットは、清純で透明感のある美しさをダイヤに表現することのできるカット方法です。