コラム

エメラルドの商品需要は極めて高い

ダイヤモンドの買取相場を調べる方は具体的なカット方法とカラット数などの情報からその値段を調べるようにしましょう。

ダイヤの査定はオンラインでも大まかな見積を行うことができます。カラット数の数値と販売された年代にカットの出来などを入力することで見積が可能です。この方法を使うことで自分が今持っているダイヤがどの程度の価格になるのかを知ることが可能です。またカメレオンカラーのエメラルドカットの場合にはその相場が格段にあがりますので、該当する製品を持っている方はまずは査定をしましょう。ダイヤの密度や重さなどで値段は変わりますが、よほどひどいコンディション出ない限りは引取を断られることはありません。ダイヤモンドのエメラルドカットはダイヤながらも違う宝石のような輝きがあるのが特徴です。またカメレオンカラーは派手すぎず地味すぎない輝きのため、落ち着いた場所に身につけるジュエリーなどに多く採用されています。ダイヤモンドのエメラルドカットの製品を持っている方はまずは買取相場を調べてから持ち込む販売店を決めましょう。カメレオンカラーなら満足できる価格で何時でも買取できますから持ち込む際にも心配する必要はありません。

ダイヤモンドの買取りで行われる基準とエメラルドカット

ダイヤモンドの買取りに出すときに重要になってくることが主に4つあります。それは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つです。この4つを合わせて、4Cと呼んでいて、ダイヤの買取りは、この4Cが最も重要になってきます。

また、ダイヤには、いろいろな種類があります。色が変わるダイヤは、カメレオンダイヤモンドと呼ばれていて、一般的に売られているものではない、極めて希少なダイヤになっています。他にも色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤもあります。レッドやグリーン、ブルー、ピンクにパープルといったように様々な色がありますが、どの色も同じ価値があるというわけではありません。ブルーやピンク、パープルといった色は、希少性のある色となっていて、最も価値のある色のダイヤになっています。ですが、ブルーやピンク、パープルなどの希少性のある色でも、注意しないといけない点として、その色が人工的に着色されたものである場合には、自然の色のものと比較して、希少性や価値は極端に下がってきてしまうので、注意が必要になります。

エメラルドカットは、エメラルドのカットとして、用いられているカットになっていて、グレードの高い石を用いることにより、清純で透明感溢れる美しさを演出できるカットになっています。

エメラルドカットとダイヤモンドの価値

ダイヤモンドの買取では、見た目の問題だけじゃなく重さや透明度も重要になっていて、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが重要なダイヤの査定基準となっています。

色が付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと呼んでいて、レッドやブルー、オレンジ、イエロー、ピンク、パープルなど様々な種類の色があります。また、カメレオンダヤモンドと呼ばれているダイヤの場合は、色が何色かに変化するダイヤとなっています。ブルーやピンク、パープルといった色のダイヤは、他の色のダイヤよりも希少性がある色となっていて、価値の高い色のダイヤになっています。ですが、価値が高いダイヤだとしても、重要なのは天然の色であることです。天然の色ではなく人工的に着色されていて、色が付けられているダイヤの場合は、価値も下がり、見積もりをしてもらっても、低い金額が付けられてしまうことになってしまいます。

エメラルドカットは、エメラルドのカットとしてよく用いられている形となっていて、平面が広いために内包物や傷がある石には向いていないカットになっています。ですが、グレードの高い石を用いれば、ブリリアントとは違う清純な雰囲気のカットになります。