コラム

ダイヤモンドの買取りで重要な事とエメラルドカットについて

ダイヤモンド買取の相場は、変化が激しいことでも知られています。ダイヤの買取りは、基本的に4つの事柄を基準として買取られています。この4つの事柄とは、キャラット、クラリティ、カラー、カットのことです。この4つのことを合わせて4Cと呼ばれていて、この4Cを基準にしてダイヤの査定が行われています。

ダイヤにもいろいろな種類があり、色の付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと呼んでいます。このカラーダイヤモンドの色は、イエローからピンク、レッド、ブルー、グリーンなど幅広い修理の色が存在しています。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色のダイヤと比べて希少性が高い色のダイヤとなっています。

ダイヤの価値を決める事柄の一つとして、カットがありますが、このカットだけは唯一、人工的にコントロールすることができます。そのカットの一つであるエメラルドカットは、エメラルドのカットとして、頻繁に用いられています。平面が広いので、内包物やキズがあるような石には向いていなく、グレードの高い石で作れば、ブリリアントとでは、表せられないような清純で透明感のある美しさを得ることができるカット方法になっています。

ダイヤモンドの4Cとエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取で重要になってくるのは、主に4つの事柄です。その4つの事柄は、キャラット、クラリティ、カラー、カットの4つのことで、この4つのことを合わせて4Cと言います。ですので、ダイヤの買取基準は、基本的にこの4Cを基準として査定が行われることになります。

ダイヤモンドは、無色透明なもの以外にも色の付いているカラーダイヤモンドがあります。カラーも種類が豊富で、イエローからレッド、グリーン、ピンク、パープルといったように様々な種類の色が存在しています。その種類の中でも、希少価値の高い色がピンクやパープルといった色になっていますが、人工的に着色されている色は、自然の色のダイヤと比較しても価値は低くなってしまうので、自然の状態の色が重要になってきます。

エメラルドカットは、他のシェイプと比べて異なる点として、長方形のファセットが、パビリオンにカットされています。それによって、独特な光の外観を作り出すことができます。また、大きく開放的なテーブルのおかげで、エメラルドカットは、ダイヤの透明度を際立たせてくれています。ですので、ブリリアントとはまち違った清純で透明感溢れる美しさを得ることができるのがエメラルドカットになっています。

ダイヤモンドの買取りで行われる基準とエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取りは、キャラット、カラ、クラリティ、カットの4つのことが重要となってきます。この4つのことを4Cと呼んでいて、4Cを基準としながらダイヤモンドの買取りは行われています。

ダイヤは、無色透明なものだけじゃなく、カラーダイヤモンドと呼ばれる色の付いているダイヤもあります。イエローやブルー、レッド、グリーン、ピンク、パープル、他にも様々な種類の色があります。その中でも、ピンクやパープルといった色に関しては、希少性がある色となっています。ですので、他の色と比べて価値が高くなってきます。ですが、ピンクやパープルといった色でも、人工的に着色されている色もあります。人工的に着色されている色に関しては、見積もりをしてもらったとしても、買取り価格は非常に低くなってしまう可能性も出てきます。

エメラルドカットと呼ばれているカットは、エメラルドのカットとしてよく用いられる形となっています。平面が広いので、内包物やキズがあるような石には向いていないカットとなっています。ですが、グレードの高い石を用いれば、ブリリアントとはまた違った清純で透明感溢れる美しさを得ることのできるカット方法となっています。