コラム

ダイヤモンドの重要な買取り基準とラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、最も重要になってくることが主に4つあります。その4つとは、4Cとも呼ばれている、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことで、この4つを基準にして、ダイヤの買取りが行われます。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤもあります。色の種類も豊富で、レッドやオレンジ、ブルー、グリーン、ピンク、パープルといったように様々な色があります。特にブルーやピンク、パープルといった色は、希少性の高い色となっているので、他の色のダイヤよりも、価値の高いダイヤになります。このブルーやピンク、パープルといった色であっても注意しないといけない点として、その色が人工的に着色されてしまっている色の場合は、一番にたくさん出回っているので、希少性もなくなり、価値が低くなってしまうので、当然相場も低くなってしまいます。

ラウンドカットと呼ばれるカット方法は、ダイヤモンドの輝きを最も美しく効果的に映し出せる58面体からなるカット方法になっています。他のカットに比べて、強い輝きを放ち、均等で完璧な丸型のシェイプとなっているのが特徴となっていますが、他のシェイプよりも割高になっています。

ダイヤモンドの価値とラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りの場合、最適の基準となることが主に4つあります。それは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことになっていて、この4つは、ダイヤを査定する際の重要な基準となっています。

ダイヤには、いろいろな種類のダイヤがありますが、色が付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと呼んでいます。レッドやブルー、グリーン、オレンジ、イエロー、ピンク、パープルなど様々な色があるのが特徴であり、魅力でもあります。特にブルーやピンク、パープルといった色は、他の色よりも希少性のある色となっているので、他の色のダイヤと比較しても価値が高くなっています。この価値の高い色のダイヤでも、その色が自然の色の状態ではなく人工的に着色されているものだったりするとそのダイヤの価値は下がってしまうので、自然の状態の色であることが何よりも重要であり、大切になっています。

ラウンドカットは、ダイヤの輝きを最も効果的に美しく映すことが可能になっている58面体からなっているカット方法になっています。他のカットよりも強い輝きを放っていて、均等で完璧な丸型のシェイプトなっているので、原石の50パーセントである半分が失われています。ですので、割高になっているカット方法です。

ダイヤモンドの買取りや価値についてとカットについて

ダイヤモンドの買取りで重要になってくることは、査定の基準です。ダイヤの査定の基準というのは、どこも共通していて、必ず4Cが査定の基準となっています。また、ダイヤの買取りを行ってくれるとこは、質屋やジュエリーショップなどが挙げられます。

レッドやブルーといった色の付いているダイヤは、カラーダイヤモンドと呼ばれていますが、レッドやブルーといった通常の色の他にもバイオレットやパープルといった少し変わった色のダイヤまであります。また、このパープルといった色は、価値の高い色のダイヤの一部になっています。逆にブラックやブラウントいった色は、希少性もあまりない色のダイヤとなっているので、価値が低くいので、見積もり金額も低い金額になってしまいます。

4Cの一つとして、カットがありますが、このカットは、他のキャラット、カラー、クラリティと違う点として、人間の手によってコントロールする部分になっています。ですので、職人がダイヤにラウンドカットなど様々なカット方法を施してダイヤの形を決めることになります。このダイヤの形によって、ダイヤの価値も上がったり、下がったりします。ですので、カットは、職人の腕が何よりも重要になってきます。