コラム

変動するダイヤモンドの買取相場

ダイヤモンドの評価には4Cと呼ばれる世界基準があり、カット、クラリティ、カラット、カラーの4つの評価が行われています。
カットは原石から研磨処理をした職人の技術によって評価が左右されるものであり、クラリティは傷や内包物の数や位置によってつけられる評価です。
宝石のことをよく知らない人でも耳にしたことがあるという人も多いカラットは重さを表すものであり、0.2gを1カラットとして表記されます。
カラーでは透明度を表しており、黄色味を帯びるごとに評価が下がってしまうものですが、ダイヤモンドにはカラーダイヤと呼ばれる色のついた種類もあり、無色透明以上に評価がつくこともあるものです。

カラーダイヤにはさまざまな色がありますが、ブラウンダイヤでは産出量が多いためにリーズナブルな価格のものもありますが、
最高級品となればコニャックダイヤとも呼ばれるように収集家にとってはとても人気が高い高級ダイヤになります。
これらの査定は、ラウンドブリリアンカットが施されたものに対してつけられるものですが、他にもエメラルドカットやプリンセスカットなどさまざまな形に加工されています。

ダイヤモンドの買取では、これらを総合して買取価格が変わるものであり、人気によっても相場は左右します。
もし、お手持ちのダイヤモンドを手放すのであれば、一流の査定員が常駐しているおたからやへご相談ください。

おたからやの査定員は厳しい専門家研修を受けたプロ査定員のみ。お品物に眠る価値を見出し、他社より高く買い取ります。