コラム

希少性のあるカラーダイヤモンドとエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取りで、重要になってくることは、4つあります。その4つは、キャラット、カラー、クラリティ、カットです。ダイヤの買取りは、この4つが基準となっています。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれてる色があるダイヤがあります。レッドやブルー、ピンク、グリーン、オレンジ、パープル、バイオレットなど様々な種類があります。ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色よりも希少性がある色となっているので、価値の高い色のダイヤとなっています。この価値の高いダイヤをいくら持っていたとしても、その色が人工的に着色されていると価値は、ほとんどなくなってきてしまいます。ですので、買取りの相場も低くなってしまうことになります。ですので、人工的に着色されていない自然の状態の色であることが大切になります。

ダイヤモンドの形状を決めることになるカットは、唯一の人為的にコントロールが可能な部分です。カットにも様々な種類があり、カットによっては、ダイヤの印象も特徴も大きく異なってきます。エメラルドカットは、平面が広いので、内包物や傷がある石には向いていません。ですが、グレードの高い石を使うことによって、清純で透明感のある美しさを得ることができます。

ダイヤモンドの4Cとエメラルドカット

ダイヤモンドの買取りの基準となってくるのが、キャラット、カラー、クラリティ、カットとの4Cと言われている4つのことが基準となって、ダイヤの査定が行われています。ですので、この4Cは、ダイヤの査定をするにおいて、最も重要になってきます。

カラーダイヤモンドと呼ばれている色の付いているダイヤは、レッドやブルー、グリーン、バイオレット、パープルなど様々な種類があります。その様々な種類がある中で、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色のダイヤと比較して、最も希少性があり、価値のあるダイヤになっています。この価値のある色のダイヤでも、注意しないといけない点として、人工的に着色された色のダイヤに関しては、せっかくの希少性や価値もなくなってきてしまいます。ですので、カラーダイヤモンドは、自然の色であることが最も重要なことになってきます。

ダイヤの形を決めるカットは、唯一人工的にコントロールすることのできる部分になっていて、様々なカット方法があります。エメラルドカットと呼ばれているカットは、エメラルドのカットとして、用いられているカット方法になっていて、グレードの高い石のときに用いられるカットです。

ダイヤモンドについてとエメラルドカット

ダイヤモンドの買取りは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが基準となり、行われています。ですので、この4つは、ダイヤを買取りする上では、最も大切な基準となっています。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤがあります。ブルーやレッド、グリーン、ピンク、パープル、バイオレットなど様々な色が存在しています。その中では、ブルーやピンク、パープルといった色が他のダイヤと比べて、希少性がある色となっているので、価値の高いダイヤとなっています。ですが、価値の高いダイヤを持っていたとしても、そのダイヤが自然の状態の色ではなく人工的に着色されていて、色が付けられているダイヤの場合には、価値が下がってきてしまうので、見積もりをしてもらっても、見積もり金額は大きく下がってきてしまいます。

ダイヤのカット方法は、いろいろな種類のカットが方法があります。カットによって、そのダイヤの特徴も形状も大きく変わって来るほどにカットは、大切な部分になっています。エメラルドカットと呼ばれるカット方法は、エメラルドのカットとして、用いられているカットとなっていて、グレードの高い石を用いることによって、清純で透明感のある美しさが得られるカット方法です。