コラム

ダイヤの買取り基準とラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りで、最も重要になってくるのは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4Cとも言われているこの4つが最も重要になってきます。

ダイヤの中には、ダイヤに色が付いているカラーダイヤモンドとというダイヤもあります。レッドやブルー、ピンク、グリーン、イエロー、パープルなど様々な種類の色があります。その様々な種類の色がある中で、ブルーやピンク、パープルといった色は、希少性があるので、価値の高い色のダイヤになっています。この価値の高い色のダイヤでも、注意しないといけない点として、そのダイヤが人工的に着色されている色のダイヤの場合は、自然の色のものと比べて価値は、低くなってしまうので、買取りの相場も低くなってしまいます。ですので、カラーダイヤモンドは、着色されていない自然の状態の色であることが大切になります。

ダイヤの輝きを最も効果的に映し出すことができるのは、58面体のカットになっていますが、その58面体のカットは、ラウンドカットで表現することができます。また、ラウンドカットは、強い輝きが放たれていて、均等で完璧な丸型のシェイプとなるため、原石の50パーセントが失われてしまうこともあり、割高になるカット方法です。

カラーダイヤモンドの価値とラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りは、一般的に4Cのキャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つが基準となって、行われています。ですので、ダイヤの買取りの上では、この4Cは最も大切になってきます。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれている色の付いているダイヤがあります。この色の付いているダイヤには、レッドやブルー、ピンク、グリーン、オレンジなど様々な色があり、楽しみ方もダイヤの色の石によって様々です。その中でも、ブルーとピンク、パープルといった色は、希少性がある色となっています。ですので、他の色のダイヤと比べても価値が高くなるダイヤになっています。この価値のある色のダイヤでも、人工的に着色された色の場合には、自然の色のダイヤと比較しても、その価値は落ちてきてしまいます。ですので、自然の色の状態であることが最も大切なので、注意が必要になります。

ラウンドカットは、ダイヤの輝きを他のカットよりも、最も効果的に映し出すことのできる58面体からなっているカット方法です。ラウンドカットは、他のシェイプよりも割高になってますが、それは、均等で完璧な丸型のシェイプを得ていて、原石の半分が失われているからです。

ダイヤモンドの買取り基準となる4Cとラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4Cと言われているこの4つのことが主な基準となっています。ですので、この4Cは、ダイヤの買取りをする上では、非常に重要なことになっています。

ダイヤには、無色透明なダイヤ以外にも色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤがあります。レッドやピンク、オレンジ、イエロー、ブルー、パープルといったように様々な種類の色のダイヤがたくさんあります。数ある色のダイヤの中では、ブルーやピンク、パープルといった色が希少価値の高いダイヤになっていますが、希少価値の高いダイヤだとしても注意しないといけない点があります。それは、人工的に着色されている色のダイヤの場合には、希少価値はほとんどなくなってきてしまいます。ですので、見積もりをしてもらって、予想よりも低い金額が付けられてしまう可能性が高くなってしまいます。

ラウンドカットは、カットの中でも一般的なカットなっていて、ダイヤモンドの輝きを最も効果的に映し出せる58面体からなるカット方法になっています。他のカットよりも強いが輝きを放つことができるのがラウンドカットならではの特徴となっています。