コラム

ダイヤモンドピンクオーバルの見事さ

ダイヤモンドは、昨今においても大きくもてはやされており、多くの女性のあこがれのアイテムとしての存在感を醸し出しています。数あるダイヤモンドの中でも、特に人気を博しているのが、ピンクオーバルといわれています。その色使いやカッティングについては、古くからの定番となっており、常に人気のラインナップとして活躍してきました。ピンクといえば、女性ファンが多いカラーとして有名です。マッチする年齢も問わないところも特徴といえます。若い世代の人はもとより、シニア世代に至るまでの幅広い世代に親しまれています。決して安い金額ではありませんが、その需要は、盛り上がりを見せる一方といえるでしょう。

ピンクと一口にいっても、主要カラーとオーバートーンと呼ばれる二次的カラーもあります。具体的には、オレンジ系やブラウン系などがあります。これほどまでに活況を呈しているダイヤモンドですが、ネット社会の到来により、ネットでの買取サイトが賑わいを見せています。自宅のパソコンや外出先のスマホやタブレット端末などから簡単にアクセスできるのが便利と評判です。買取相場についても一目でわかるのが嬉しいところです。今後においても、目が離せません。

ピンクダイヤモンドのオーバルカットは無色と比較して高額買取

ピンクダイヤモンドのオーバルカットはどのくらいの買取価格が期待できるでしょうか。人工処理されたものでなく、天然のものでしたらかなりの高価買取が期待できます。

まずピンクはとっても貴重な色になります。わずか数か所の限られた鉱山でしか発掘されないのです。そしてその中でもカラー評価でZカラーを超えた色合いを持つものはファンシーカラーと呼ばれ、見た目が濃くて美しく、希少性も高いのです。薄いものと比較すると濃いものほど高価で取引されます。しかし店頭で見かけるもののほとんどは安価ではないでしょうか。それは無色のダイヤモンドに人工着色したものなのです。こういったものは天然のものでなくてもいいからピンクのが欲しいという方のために作られたものです。人工的に作られたものなので値打ちは高くありません。天然か人工かは査定書や鑑別書を見ればわかります。また買取の際はきちんと査定してもらうため、信頼と実績のある査定員に任せると良いでしょう。

オーバルカットはラウンドやブリリアントカットと比較すると少し需要が落ちますが、縦に長さがあるため、指を細く見せる効果があります。指輪などに合わせるものとして、とても人気があります。ただし左右対称にカットするのが難しいので、仕上がりによっては値打ちが下がることもあります。それでも色の希少性が高ければ高価になるでしょう。

ピンクオーバルダイヤモンドの買取見積額は?

ダイヤモンドのなかでもピンク色のものは非常に希少価値が高いものです。基本的にダイヤは無色透明なものが99%を占めているので、ピンク色のダイヤがあればその買取見積額は大変なことになります。さらに形がオーバルなら、それは大きさもかなり大粒だと予想されるので、買取額は数千万円になることもあります。

ダイヤモンドはカラット数やカラーの度合い、カット方法によっても値段が左右されますが、ピンクオーバルダイヤモンドなら最低でも数百万円はくだらないでしょう。ものによっては数千万円ですし、世界的に見ても珍しいぐらいの大きさがあれば数億円です。こうしたものは一般の店舗ではめったに見ることができません。見かけることがあるとすれば、世界の富豪が参加するオークションででしょう。こうした珍しい宝石が売られたときには、ニュースになることがあります。会社が資産として購入するケースも多いです。確かに、株や土地のように急激に値下がりをすることもありませんから、安定した資産になるはずです。金塊などと同じような扱いがなされていて、もはやジュエリーとして使う人はほとんどいません。一般人なら目にする機会もほとんどないことでしょう。