コラム

ダイヤモンドの価値と欧米で人気のあるプリンセスカット

ダイヤモンドの買取りで重要になっているのは、4Cともいわれているキャラット、カラー、クラリティカットの4つが基本的なダイヤの買取り基準となっているので、非常に重要であり、大切な査定基準となっています。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤがあります。カラーと名前が付いているだけあって、様々な種類の色があり、レッドやブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、パープルなど他にも様々な色が存在します。その中でも、希少性のある色があり、その希少性のある色は、価値の高い色のダイヤとなっています。希少性がある色のダイヤは、ブルーやピンク、パープルといった色になっていますが、自然の色の状態であることが重要になっています。ブルーやピンク、パープルといった価値のある色でも、人工的に着色されている色に場合には、価値は下がってくるので買取りの相場も低くなってしまいます。

プリンセスカットには、別名として、スクエアやクァードリリオンカットと呼ばれることもあります。広いテーブル面から放たれる、気品や情熱を兼ね備えている炎のように見える揺れが特徴的で、主に欧米で人気のあるカットの一つになっています。

ダイヤモンドの買取り基準となる4Cとプリンセスカットについて

ダイヤモンドの買取には、4Cと言われているキャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことが重要になってきます。この4Cを基準にして、ダイヤの買取りが行われています。

また、ダイヤの中には、無色透明なもの以外にも色のあるカラーダイヤモンドがあります。オレンジやブルー、グリーン、ピンク、パープル、レッドなど様々な種類の色があるのが特徴的となっています。その中で、ピンクやパープルといった色は、他の色のダイヤよりも、希少性があるダイヤになっています。ですので、他の色のダイヤと比較しても、価値の高いダイヤになっています。このピンクやパープルといった価値の高い色のダイヤでも、人工的に着色されて色の付けられたダイヤに関しては、市場にたくさん出回っていたりするため、希少性が少なくなってきてしまいます。ですので、自然の色のダイヤよりも、価値は大幅に下がってしまいます。

ダイヤの形状を表すカットには、プリンセスカットと呼ばれているカットがあります。このプリンセスカットは、別名があり、スクエアやクァードリリオンカットともいいます。正方形のカットとなっており、広いテーブル面から放たれる、炎のような輝きは、欧米で最も人気のあるカットです。

オレンジのプリンセスカットダイヤモンドはアクセサリー需要

オレンジカラーのプリンセスカットダイヤモンドの買取見積額は高いでしょうか。一般的な市場で見かけるのは、鉱山で採れる前から色がついてた天然ものではなく無色のダイヤモンドに放射線処理して人工的に色をだしたもので、これらは天然のものよりも価値が下がり安くなります。無色のダイヤモンドの多くは薄く黄味がかっていて、本当に無色透明なものは限られていて希少性が高いです。そのため黄味がかってカラー評価が低いものを人工的に色を出します。しかし、カラーダイヤを求める人の中には宝石コレクターだけでなく、アクセサリーとして楽しみたい人もいます。そういった人にはお手軽にカラーダイヤを楽しめるとして、人工のカラーダイヤが人気があります。オレンジダイヤも人工のものでもアクセサリー需要として人気が高いでしょう。

プリンセスカットはブリリアントカットとステップカットを組み合わせたようなカットです。ブリリアントカットによってさらに増す輝きと、ステップカットによって強調される透明感が楽しめます。様々なアクセサリーに合わせやすく、とくに婚約指輪に合わせられることが多いです。

オレンジカラーもプリンセスカットも、アクセサリーを楽しむ方にとても人気です。