コラム

ダイヤモンドの買取基準

ダイヤモンドの買取りの基準となっているのは、4C。
その4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことをいいます。この4つは、ダイヤを買取りする上で、非常に重要になっている基準です。

ダイヤには、無色透明なもの以外にも色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。このダイヤは、レッドやブルー、イエロー、グレー、オレンジ、ピンクなど他にも様々な種類の色のダイヤがあります。その中で、最も希少性があり、価値の高い色となっているのが、ブルーやピンク、パープルといった色になっています。ですが、ブルーやピンク、パープルといった色のダイヤだとしても、注意しないといけない点として、その色が人工的に着色されている場合には、希少性も薄れてしまって価値もほとんどなくなってきてしまいます。ですので、自然の色のものと人工的に着色されているものを比較しても、自然の色のダイヤの方が価値は高くなっています。
ダイヤの形状を表すカットには、様々なカット方法があります。例えばハートカットは、ハートの形をしているカットとなっているので、愛を伝えたいときに最適なカットです。

もし売却をご検討の場合でしたら、是非一度、おたからやにご相談ください。
査定料は完全無料ですので、「この状態でも売れるかが心配・・・。」という悩んでいる場合も、お気軽にご相談ください。
他社では断られてしまうような精密査定も、一流査定員がしっかり査定させて頂きます。