コラム

ダイヤモンドの買取りの基準とエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取りで行われている基準は、4Cと言われている4つのことを重視して行われています。この4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことです。この4Cは、ダイヤの買取りで、最も重要になってきます。

ダイヤには、いろいろな種類のダイヤがありますが、その中の一つとして、色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤがあります。このダイヤは、レッドやピンク、ブルー、グリーン、オレンジなど様々な色の種類を楽しむことができるダイヤになっています。また、その中でも、ピンくやパープルといった色に関しては、希少性のある色のダイヤとなっているので、他の色のダイヤと比較すると最も価値のあるダイヤになってます。そんな希少性があり、価値のあるピンクやパープルといった色のダイヤであったとしても、人工的に着色されたものに関しては、その価値はほとんどなくなってきてしまいます。

エメラルドカットは、エメラルドのカットとして、よく用いられているカット方法になっています。平面が広くなっているので、内包物や傷があるような石には、あまり向いていないカットになっていますが、グレード高い石を用いると清純で透明感のある美しさを表現できるカットになっています。