コラム

ダイヤモンドの4Cとエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取で、重要になってくることは、主に4つあります。その4つとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことです。この4つのことを4Cを呼んでいて、4Cが主な査定基準となり、買取りが行われています。
ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれてる色が付いているダイヤがあります。
レッドやピンク、ブルー、グリーン、パープルなど様々な色があり、その色によって、様々な楽しみ方があります。また、ブルーやピンク、パープルといった色は、特に希少性がある色となっていて、他の色のダイヤよりも価値の高い色のダイヤになっています。ブルーやピンク、パープルといった色でも人工的に着色されてる色の場合は、希少性も少なくなってしまうので、買取りの相場も相当低くなってしまいます。ですので、カラーダイヤモンドの場合は、自然の色であることが何よりも大切になっています。

4Cの中の一つにカットがありますが、このカットは、ダイヤの形状のことを表していて、様々なカット方法があります。
エメラルドカットは、エメラルドのカットとして、用いられているカットで、主にグレードの高い石の場合に用いられることになるカット方法になっています。

ダイヤは基本的に大量生産品ではなく、全く同じものは存在しません。したがって、実際にその価値や価格を知りたい場合には、専門家に査定してもらったり買取店で査定してもらったりする必要があります。
見積は無料ですから、費用に関する心配はありません。

おたからやの査定員は厳しい専門家研修を受けたプロ査定員のみ。
お品物に眠る価値を見出し、他社より高く買い取ります。