コラム

ダイヤモンドの買取りで重要なこととエメラルドカット

ダイヤモンドの買取りは、どのようなことが査定基準になるかというと見た目の綺麗さもそうですが、他にもキャラット、カラー、クラリティ、カットが主な査定基準となります。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤがあります。どのような色があるかというとレッドやブルー、グリーン、イエロー、ピンク、ブラウン、パープルといった色があります。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色よりも価値の高いダイヤとなっているので、買取りの相場も高くなっています。ですが、価値の高い色の場合、天然の色であることが何よりも重要で、人工的に着色されている色のダイヤだとせっかくのダイヤの価値も下がってきてしまいます。

エメラルドカットは、エメラルドのカットとして用いられている形状ですが、平面が広いこともあり、内包物や傷があるような石には、あまり向いていないカット方法になっています。グレードの高い石を用いることによって、ブリリアントとは違う清純で、透明感のある美しさを手に入れることができます。このように一つのカットごとに様々な魅力があり、カットによっては、同じダイヤでも特徴や見た目の印象も大きく変わります。

ダイヤモンドの買取りの基準とエメラルドカット

ダイヤモンドの買取りでは、重要になってくることが4つあります。それは、4Cと呼ばれている、キャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つが基準となっているので、重要になっています。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。ブルーやレッド、イエロー、オレンジ、ピンク、パープル、ブラウンといった色まで、様々な色があるので、色によって、それぞれ楽しみ方も違ってきます。また、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色と比較して、希少性もある色となっているので、他の色よりも価値が高くなっています。ですが、この価値が高い色のダイヤでも、その色が人工的に着色されている場合には、市場などで多く出回っていることもあり、価値も下がってきてしまいます。

エメラルドカットは、エメラルドのカットとして用いられている形になっていますが、平面が広いということもあり、内包物や傷がある石の場合には、あまり向いていないカットになっています。ですので、グレードの高い石のときに用いられていますが、グレードの高い石を使うとブリリアントとは違う清純で透明感溢れる美しさが魅力のカット方法になっています。

ダイヤモンドの買取りとエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取りは、キャラット、カラー、クラリティ、カットで決まってきます。見た目の印象も大切ですが他にも重さや透明度などもダイヤの査定基準に入っているほど大切になっています。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドというダイヤもあり、ブルーやレッド、オレンジ、ブラウン、ピンク、パープルなど様々な色があり、そのカラーによっては、ダイヤの価値もまた変わってきます。価値のある色のダイヤとしては、ブルーやピンク、パープルといった色になっています。価値のある色でも、その色が人工的に着色されている色だとダイヤの価値は天然の色のものと比べて大きく下がってきてしまいます。価値が下がってしまうので、見積もりを出してもらっても、たいしていい金額は付けてもらえなくなってしまいます。

ダイヤのカットは、そのダイヤの形を表していますがカットにも様々なカット方法があります。エメラルドカットの場合は、エメラルドのカットとしてよく用いられていて、平面が広いという理由もあり、内包物や傷がある石には向いていませんが、グレードの高い石を用いれば、ブリイラントとは違う清純で透明感のある美しさが手に入るカット方法になっています。