コラム

ダイヤモンドの買取りで行われる4Cとエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取りの相場は、常に変化し続けているので、とても変化が激しいことでも知られています。ダイヤの買取りは、基本的にキャラット、カラー、クラリティ、カットの4つを基準として、査定が行われます。この4つのことを4Cと呼んでいて、ダイヤの買取りは、この4Cがとても重要になってきます。

ダイヤの中には、カラーダイヤモンドと呼ばれる色の付いているダイヤが多く存在しています。どのような色があるかというとレッドやブルー、オレンジ、グリーン、ピンク、他にもパープルなど様々な色があります。特にピンクやパープルといった色は、希少性の高い色になっているので、他の色のダイヤと比べると価値の高い色のダイヤになっています。

エメラルドカットは、エメラルドの形としてよく用いられているカットになっていて、平面が広いので、内包物や傷があるような石には、あまり向いていないカットになっています。逆にグレードの高い石を用いれば、ブリリアントでは、表現することができないような清純で透明感のある美しさを得ることのできるカット方法になっています。エメラルドカットの他にも、ハートの形をしたハートカットやプリンセスカットなど、カットにも様々な種類があります。