コラム

ハートカットピンクダイヤモンドの買取相場基準は?

ピンクダイヤモンドのハートシェイプカットの買取相場は決まった相場というものはありませんが、4Cと呼ばれる評価基準を見ていくことであるていどの価値がわかります。4Cはカラット、クラリティ、カラー、カットを客観的に評価する基準です。

カラットは重量のことで、1カラットは0.2gになります。カラットが大きいほど価値が高くなり、これは重量が大きいというのもありますが、1カラット未満のものがほとんどなので1カラットを超える大粒なものほど希少になり高価になります。クラリティは透明度のことですが、透明度というよりはキズや内包物の有無などをみます。ピンクダイヤは内包物を多く含んでいる傾向がありますが、カラーの希少性が評価の大部分を占めるため、よほど目立つ内包物でもない限り価値はそれほど下がりません。カラー評価は色のことです。天然のピンクダイヤは希少性が高いです。無色のものは透明なほど価値が高くなり、黄色みがかったいるほど下がりますが、カラーダイヤの場合は濃いほど価値が高くなります。最後にカットは研磨のことで、ラウンドブリリアントカットに対して評価されます。ハートシェイプカットはファンシーカットに分類され、ラウンドブリリアントカットよりも値打ちが下がりますが、マックルと呼ばれる三角に近い形をした原石でないとカットできないため、ファンシーカットの中でも価値が高く人気のカットになります。

ダイヤモンドと恋人のプレゼントに最適なハートカット

ダイヤモンドの買取りでは、ダイヤを査定するのに必要不可欠な基準があります。それは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことになっています。この4つは、ダイヤを査定する上での主な基準となっているほぢに重要になっています。

ダイヤには、カラーダイヤモンドという色の付いているダイヤもあります。色の種類も豊富で、レッドやブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、パープルなど様々な種類の色があります。そのたくさん種類がある中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、希少性のある色となっているということもあり、価値の高い色のダイヤになっています。この価値の高い色のダイヤでも、注意しないといけない点として、そのダイヤの色が天然のものではなく人工的に着色されている場合もあるということです。人工的に着色されていると自然の色の状態のダイヤと比較しても、その価値は下がってきてしまいます。ですので、そこは、注しなければなりません。

恋人などにダイヤをプレゼントしたい場合に、最適なカットがあります。それは、ハートカットと呼ばれているカット方法になっていて、名前どおりにハートの形状をしているので、とてもロマンチックなカットとなっています。

ピンクハートダイヤモンドは買取専門店でも見積不可なことがある

ダイヤモンドと一口に言っても、その種類はさまざまです。色も違いますし、形も大きさも違いますから、一つ一つ丁寧に査定をしてもらう以外には値段が決まらないのです。あまりにも希少価値の高いものは、買取専門店でも見積もりを出すことができない場合があります。なぜなら、あまりにも希少すぎて相場というものが形成されていないケースもあるからです。一般人にはとても手が出ないので、売買実績も参考にはできません。予想でも価格を付けるのは難しいです。

ダイヤモンドの中であれば、ピンク色のものは非常に値段が高くなる傾向にあります。ピンクやブルーのダイヤモンドはファンシーカラータイプと呼ばれていて、全ダイヤ鉱石の中でもおよそ1%程度しか産出しません。したがって、無色透明なものよりも大幅に買取価格はアップします。こうしたものの中でもハートシェイプのものは値段がさらに高くなる傾向にあります。このような素晴らしい逸品なら、もはや一般の店舗で買い取ってもらうのはやめた方がいいでしょう。世界的な投資家が集まるオークションに出品をしなければ、まともな値段はつきません。数千万円レベルはもちろん、数億という値段がつけられるケースもたいして珍しくはないのです。