コラム

ブラウンダイヤモンドの買取相場

ダイヤモンドには無色透明のものだけではなく、カラーダイヤと呼ばれるような色味がついたものもあります。また、カットの方法にもラウンドブリリアンカットだけではなくプリンセスカットも欧米では非常に人気があり、買取に出すにも色味やカットによって相場が違ってきます。

一般的にブラウンダイヤというとイエローダイヤ同様に産出量が多いために出回っている量も多く、リーズナブルな価格から販売されていますが、どれも安価というわけではありません。最高級の輝きを持っているブラウンダイヤになるとコニャックダイヤとも呼ばれるようにコレクターの中では非常に価値の高いものになります。そのために、一言にブラウンダイヤと言っても買取価格には非常に幅が出るものです。

ダイヤモンドの買取では査定書があれば一緒に提出をしますが、ない場合にも店舗にいる査定員によってみてもらうことができます。内包物の位置や量によって変わるクラリティ評価や重さを表すカラット、研磨した人の腕によって評価が変わるカット評価や透明度を表すカラー評価などをもとにして、そのダイヤモンドの人気によっても査定額は変わってきます。査定は無料で行われているので、相場を知るためにも何店舗かを利用してみるといいでしょう。

ダイヤモンドの価値とプリンセスカットの特徴

ダイヤモンドの買取りで重要になっている、キャラット、カラー、クラリティ、カットは4Cとも言われているほどにダイヤを査定する上では欠かせない査定規準となっています。

ダイヤには、無色透明なダイヤ以外にも色が付いているカラーダヤモンドがあります。レッドやブラウン、ブルー、イエロー、ピンク、パープルなど様々な色があります。その様々な色がある中で、最も価値の高い色となっているのが、ブルーやピンク、パープルといった色になっていて、この3つの色は、他の色と比較して希少性のある色となっているので、価値が高くなっています。ですが、価値が高くても天然の色であることが重要になっているので、人工的に着色されている色の場合は、価値は下がってきてしまうのでそこは注意しないといけないとこになっています。

プリンセスカットと呼ばれているカット方法には、別の名前があります。その名前は、スクエアやクァードリリオンカットという名前です。プリンセスカットは、正方形のカットとなっていて、広いテーブル面からは気品や情熱を兼ね備えている炎のように輝いているのが特徴になっています。このプリンセスカットは、主に欧米で人気のあるカットになっています。

ダイヤモンドと欧米で人気なプリンセスカット

ダイヤモンドの買取りで重要なのは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが最も重要になっていて、この4つを合わせて4Cという言葉が存在してるぐらいに重要な査定基準となっています。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤに色が付いているものが存在します。レッドやブルー、ブラック、オレンジ、ピンク、ブラウン、パープルなど様々な色を楽しむことができます。その中でもブルーやピンク、パープルといった色は、他の色と比べて希少性があるので、価値が高い色のダイヤとなっています。ですが、この価値の高いダイヤでも、人工的に着色されているとそのダイヤの価値は、天然の色のダイヤと比べて大きく下がってきます。ダイヤの価値が下がってしまうので、見積もりをしてもらっても低い金額が付けられてしまいます。査定をして初めてそのダイヤが人工的に着色されていると気付くこともあるので、注意が必要になっています。

プリンセスカットと呼ばれているカット方法は、プリンセスカットいう名前以外にもスクエアやクァードリリオンカットという別名があります。主な特徴としては、長方形のカットとなっていて、気品や情熱を表している炎のような輝きが欧米で人気があります。