コラム

ダイヤモンドの査定基準やダイヤのカットの種類

ダイヤモンドの買取りというのは、必ず4Cが査定の基準となってきます。この査定の基準となる4Cは、ダイヤをどこへ持ち込んだとしても必ずこの4Cが査定の基準となってきます。

ホワイトなどのダイヤに色が付いているものは、カラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤの種類になります。他にも様々な色があり、色によっては、価値があるものとそうでないものがあります。
価値のある色は、希少性が高い色のダイヤが価値が高くなる傾向にあり、市場などに出回っているような色のダイヤは、価値が低くなる傾向にあります。
特にブラックやブラウンなどの色が価値が低い色になっていて、買取りの相場も他の色よりも低い傾向にある色になっています。

4Cの中には、一つだけ人間がコントロールする部分が含まれて居ます。それは、ダイヤの形のことを指しているカットになっていて、
このカットだけは、人間の手によってコントロールしていく唯一の部分です。ラウンドカットなどの様々なカット方法をダイヤに施すことによって、ダイヤが魅力的な形に形成されていきます。
また、人間の手によってコントロールしていくことになるので、同じカットを施したとしても多少の誤差が生じることもあります。

おたからやでは、ダイヤモンドの知識がなくても安心してご相談ください。
他社では断られてしまうような精密査定も、一流査定員がしっかり査定させて頂きます。