コラム

ダイヤモンドの価値と欧米で人気なプリンセスカット

ダイヤモンドの買取り金額を決めるのは、キャラット、カラー、クラリティ、カットが主な査定基準となっていて、買取り金額を決める重要な査定基準です。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれている色が付いているダイヤが存在しています。どのような色があるかというとブルーやレッドや、オレンジ、ピンク、パープルなどこの他にも様々な色があります。その中で、価値のある色となっているのが、ブルーやピンク、パープルといった色になっていますが、価値が高い理由としては、他の色のダイヤと比較すると希少性がある色となっているからです。ブルーやピンク、パープルといった価値が高いので、それなりの金額を付けてもらうことができますが、それは天然の色である場合です。もしも、天然の色ではなく人工的に着色されている色の場合には、高い金額を付けてもらうことは期待することができなくなってしまいます。

ダイヤのカットには、様々なカット方法があり、カットによってもダイヤの価値は左右されていたり、ダイヤの特徴なども大きく変わってくるぐらいにカットは重要になっています。プリンセスカットは、長方形のカットで、主に欧米での人気が高いカット方法になっています。