コラム

ブルーダイヤモンドとオーバルカットの組み合わせについて

ブルーダイヤモンドはカラーダイヤの一種であり、その名の通り青い色をしています。
ただし、青と言っても色の濃淡があり、一概にまとめることはできません。一般的にカラーダイヤは発色が濃く、色むらがない物の方が価値が高いといった特徴があります。
そして、オーバルカットとは、ダイヤの加工技法を指しており、楕円形をしています、光の反射を引き立てるカットであり指輪に良く用いられています。

この2つの組み合わせは、オーソドックスな組み合わせであるため、相性は悪くありません。したがって、高品質の色むらがない原石を使っている個体であれば、買取価格も高くなります。
もちろん、カットの技術力が高いほうが、価値は高まりますので同様のことが言えます。

おたからやでは、海外にも独自販路を多数持っていることが強みです。
さらに、メンテナンスをすべて自社完結し、大幅なコスト削減を実現しています。
このような理由から、他社圧倒の高価買取実績をあげています。
高価なだけに人それぞれ思いあるでしょうが、思い切って査定に出すという決断をしてみてはいかがでしょうか。査定は、完全無料ですので、安心してご相談ください。