コラム

ダイヤモンドの4Cとプリンセスカットについて

ダイヤの相場は、常に激しく変化しているのが特徴で、ダイヤモンドの買取りでは、4Cと呼ばれている4つのことが最も重要になってきて、この4Cを基準にして買取り価格が決まります。4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カラーのことを指しています。

ダイヤの中には、カラーダイヤモンドと呼ばれている色のあるダイヤもあります。この色のあるダイヤには、イエローやレッド、ブルー、グリーン、オレンジ、他にも様々な色のダイヤがあります。その中でも、ピンクとパープルなどに色に関しては、希少性があるダイヤになっているので、他のダイヤと比べて、価値が高いダイヤです。ですが、注意しないといけない点として、希少性があり、価値の高い色のダイヤでも、人工的に着色されている色のダイヤの場合は、価値はほとんどありません。ですので、自然の状態のものであることが最も重要になってきます。

プリンセスカットは、スクエアやクァードリリオンカットともいいます。プリンセスカットは、正方形のカットなっていて、広いテーブル面から放たれている、気品や情熱を兼ね備えているように見える炎のような輝きは、欧米で最も人気のあるカットになっています。プリンセスカット以外にも様々なカットがあります。

ダイヤモンドの買取り基準とプリンセスカットについて

ダイヤモンドの買取りを行う際には、4Cと言われている4つの事柄が最も重要になってきます。この4Cとは、キャラット、クラリティ、カラー、カットのことを表していて、ダイヤの買取りは、基本的にこの4Cを基準として行われているので、4Cは非常に重要です。

ダイヤの中には、無色透明なもの以外にもカラーダイヤモンドと呼ばれている色の付いているダイヤがあります。イエローやレッド、ブルー、グリーン、ピンク、パープルといったように様々な種類の色のダイヤがあるのが特徴となっています。様々な種類の色がある中にも、ピンクやパープルといった色は、他の色のものと比べると希少性が高くなっているので、価値のあるカラーダイヤモンドとなっています。ですが、人工的に着色されているダイヤもあるので、自然の色のものと比較すると価値は落ちてきてしまうので、注意しなければなりません。

プリンセスカットは、別名スクエアやクァドリリオンカットとも呼ばれています。プリンセスカットは、正方形のカットとなっていて、広いテーブル面から放たれている気品や情熱を兼ね備えた炎のように見える輝きは、特に欧米で人気のあるカットなっています。プリンセスカットの他にもオーバルカットやエメラルドカット、その他にもたくさんのカットがあります。

ダイヤモンドの買取りとプリンセスカットについて

ダイヤモンドを少しでも高く買取ってもらいたい場合には、4Cと言われている4つのことが最も重要になってきます。この4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことで、ダイヤの買取りは、この4Cが基準となっているので、ダイヤを買取ってもらう際には、この4Cが最も重要になります。

無色透明なダイヤ以外ににも、ダイヤの中には、色があるダイヤもあります。この色があるダイヤのことをカラーダイヤモンドといって、イエローやレッド、ブルー、ピンク、オレンジといったように様々な色があり、特にブルーやピンク、パープルといった色は、希少性の高い色のダイヤとなっています。ブルーやピンク、パープルといった希少性があり、価値のあるダイヤでも、人工的に着色されたものだと自然の色のダイヤよりも、グレードはかなり下がってきてしまいます。ですので、見積もりをしてもらっても、高い金額は付けてもらえなくなってしまいます。

ダイヤの形状を表しているカットには、プリンセスカット呼ばれているカットがあります。このプリンセスカットの別名は、スクエアやクァードリリオンカットとも呼ばれていて、正方形の形をしているカットになっています。プリンセスカットは、欧米で人気のあるカットになっています。