コラム

ダイヤモンドとオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが最も大切になってきますが、この4つのことを合わせて4Cともいいます。

ダイヤには、色が付いているダイヤがり、その色が付いているダイヤのことをカラーダイヤモンドと呼んでいます。レッドやブルー、イエロー、グリーン、パープル、グレーなどといったように様々な色のダイヤが無数にあります。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、希少性がある色となっているので、他の色のダイヤよりも価値の高い色のダイヤということになります。ですが、価値の高い色のダイヤであったとしても、そのダイヤが人工的に着色されていると希少性は低くなりますし、せっかくの価値も下がってきてしまいます。ですので、買取りの相場も低くなってしまいます。

オーバルカットは、他の色石のカットとしては、ポピュラーな形である小判型のカットをダイヤに施しているカット方法になっています。オーバルカットの魅力は、ラウンドカットにないリズムや落ち着きのあるスマートさを得られるのが魅力になっています。また、オーバルカットは、全体のプロポーションのバランスがしっかりと取れているかどうかが大切です。

ダイヤモンドの価値とオーバルカット

ダイヤモンドの買取りを行う際の査定基準というのは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが基本的な査定基準となっています。

ダイヤには、最初から色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤがあります。レッドやブルー、イエロー、オレンジ、グレー、ピンク、パープルなど様々な色があるので、それぞれの色によって楽しみ方もまた異なってきます。特にブルーやピンク、パープルといった色に関しては、他の色のダイヤよりも価値が高くなっています。価値が高くなっている理由は、他の色のダイヤと比較して、希少性がある色となっているからです。ですが、注意しておかないといけない点としては、ダイヤの色が人工的に着色されている場合には、ダイヤそのものの価値が下がってきてしまうので、注意が必要になります。

オーバルカットと呼ばれているカット方法は、他の色石のカットとしては、最もポピュラーな形の小判型のカットをダイヤに施してあげることにより、ラウンドカットとはまた違った、リズムや落ち着きのあるスマートさなどが得ることができます。オーバルカットの場合は、全体のポロポーションのバランスが取れているかどうかが重要になっています。

ダイヤモンドの価値とオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、4Cともいわれてる、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが主な査定基準となっているので、ダイヤを買い取りに出す際には、この基準は欠かせません。

ダイヤは、むしょく透明なものだけではありません。ダイヤの中には、カラーダイヤモンドと呼ばれている色のあるダイヤも存在しています。ブルーやレッド、オレンジ、イエロー、ピンク、パープル、グレーなど様々な色があります。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色が他の色のダイヤよりも価値の高いダイヤとなっています。ですが、価値の高いダイヤでも、そのダイヤの色が自然の色の状態ではなく人工的に着色されている色の場合は、せっかくの価値のある色のダイヤだったとしても、その価値は下がってくるので、見積もりも低い金額になってしまいます。

オーバルカットは、他の色石のカットとして、ポピュラーな形である小判型のカットをダイヤに施してあげることによって、ラウンドカットとはまた違ったリズムや落ち着きのあるスマートさが魅力のカット方法になっています。オーバルカットの場合は、全体のポロポーションのバランスが取れているかどうかが一番のポイントになっています。