コラム

ダイヤモンドの価値とハートカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、査定の基準となることがあります。それは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことで、この4つを基準としてダイヤの査定が行われているので、ダイヤを査定してもらうときには、この4つを意識しておきましょう。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤがあります。色の数も豊富で、レッドやブルー、イエロー、オレンジ、ピンク、パープルなど様々な色があります。また、その数ある色の中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色に比べて価値が高い色となっています。他の色と比べて価値が高い理由は、希少性のある色となっているからです。また、いくら希少性のある色だったり、価値のある色だったとしても、その色が人工的に着色されているとせっかくの希少性も価値もなくなってきてしまいます。ですので、買取りの相場も下がってくることになってしまいます。

ダイヤを恋人にプレゼントする場合には、ハートカットと呼ばれているカット方法が最適です。ハートカットは、ハートの形をしていることもあるので、実際に恋人などへの大切な人へのプレゼントとして、人気があるカット方法になっています。

カラーダイヤモンドとプレゼントに最適なハートカット

ダイヤモンドの買取りで重要になっているのは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つです。この4つは、ダイヤの査定基準になっているほどに重要です。

ダイヤの種類も1種類だけではなくいろいろな種類があります。カラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤの場合は、レッドやブルー、オレンジ、グリーン、ピンク、パープルのように様々な色があるのが特徴となっています。また、その色にもよって、ダイヤの価値なども変わってきますが、特に価値の高くなっている色のダイヤとしては、ブルーやピンク、パープルといった色があります。これらの色は、他の色と比較して希少性がある色となっているので、価値も高くなっています。ですが、いくら価値が高い色のダイヤでも、その色が人工的に着色されている場合は、そのダイヤの価値は自然の色の状態のダイヤよりも下がってきてしまうので、注意が必要です。

ダイヤを恋人などへのプレゼントとして贈る人も多いですが、そんなときに最適なのがハートカットです。ハートカットは、ハートの形をしているので、実際に恋人などへのプレゼントとしても人気があるカット方法になっていますし、自分の気持ちを素直に伝えるのに最適です。

ダイヤモンドの買取りとハートカット

ダイヤモンドの買取りでは、査定の基準になっていることが4つあります。その4つとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことで、この4つは、ダイヤを買取りを行う上での重要な査定基準となっています。

ダイヤには、色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤがあり、ブルーやレッド、ブリーン、オレンジ、ピンク、パープルなど様々な色の種類があります。その中でも、価値の高い色のダイヤとなっているのが、ブルーやピンク、パープルといった色になっていて、これらの色は、高い金額で買取ってもらうことができますが、自然の色の状態であることが大切になっています。もしも、査定してもらうダイヤが人工的に着色されているとそのダイヤの価値は下がってきてしまい、見積もりをしてもらっても安い金額が付けられてしまいます。

ダイヤは、自分用として楽しむ人もいれば、プレゼントとして贈る人もいます。恋人などへのプレゼントとして最適なのがハートカットと呼ばれているハートの形をしているダイヤになっています。このハートカットは、実際に大切な人へのプレゼントとしても人気があるので、恋人に贈るプレゼントとしてのダイヤとしては最適です。