コラム

ダイヤモンドの価値についてとハートカット

ダイヤモンドの買取りでは、ダイヤを査定するのに重要になっていることがあります。その重要になっていることは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことです。これらは、ダイヤを査定するときの非常に重要な査定基準となっています。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれている色が付いているダイヤあり、レッドやブルー、オレンジ、イエロー、ピンク、パープルなど様々な色があるのが特徴になっています。その中でも、価値のある色としては、ブルーやピンク、パープルといった色になっています。ですが、ブルーやピンク、パープルといった色だとしても、その色が人工的に着色されていて、自然の状態の色ではなく色が付けられているダイヤの場合には、そのダイヤの価値が下がってきてしまい、買取りの相場も下がってしまいます。ですので、自然の状態であることが非常に重要であり、大切になっています。

ハートカットと呼ばれているカットは、主に恋人へのプレゼントとして人気があるカットになっています。ハートの形をしているロマンチックな形状をしているので、男性から女性に贈るときのプレゼントとして最適になっています。他にもカットによって、いろいろな特徴を持っています。

カラーダイヤモンドとハートカットについて

ダイヤモンドの買取では、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4Cと言われている4つのことが大切になっていて、この4Cを基準としてダイヤの査定は行われます。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあり、オレンジやイエロー、レッド、ブルー、グリーン、ピンクなど様々な色があり、楽しみ方も色によってそれぞれです。また、ピンクやパープルといった色は希少性がある色になっているので、他の色のダイヤよりも価値が高くなっています。ですが、ピンクやパープルといった色でも、自然の色でないと価値はほとんどなくなってしまうので、人工的に着色された色のダイヤに関しては、希少性のある色だとしても、価値はほとんどありません。見た目は同じように見えても、プロの査定員が自然の色のものと人工的に着色されたものを比較すればすぐにわかってしまうので、注意が必要になります。

ダイヤモンドの形状を決めるのは、カットと呼ばれています。このカットも様々な種類のカットがあります。ハートカットと呼ばれているカットは、ハートの形をしたカットになっているので、主に愛を表現したいときに最も用いられているカットになっています。

ダイヤモンドの買取り基準となる4Cとハートカットについて

ダイヤモンドの買取りは、基本的に4つのことが基準となり、査定されています。この4とは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことです。この4つのことを4Cと言います。この4Cが基準となり、ダイヤの買取りが行われていることになります。

また、無色透明なダイヤほど価値は高くなってきますがダイヤの中には、色があるカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。このダイヤには、オレンジやレッド、ブルー、グリーン、ピンく、パープルなどの様々な色があります。その中で、最も希少性があり、価値が高くなってくる色のダイヤは、ピンクやパープルといった色になってきます。このピンクやパープルの色でも、人工的に着色された色に関しては、せっかくの希少性があるピンクやパープルといった色でも、希少性が少なくなってくるので、価値は失われてしまいます。人工的に着色されたダイヤを見積もってもらっても、見積価格は非常に低くなってしまいます。

ハートカットと呼ばれているカット方法は、ハートの形状をしているカットになっています。このハートカットは、通常は65面からなっています。主に婚約や結婚といった愛を表現するときに好まれているカットです。