コラム

ダイヤモンドの価値の基準とオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、ダイヤの価値の基準というのが存在します。その基準は4Cといって、キャラット、カラー、クラリティ、カットといわれています。
ダイヤモンドには、無色透明なものだけではなく色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。
レッドやホワイト、ブルー、イエロー、ピンク、パープルなど様々な色があるのが特徴で、その中でも価値の高い色も存在します。
その価値の高い色となっているのが、ブルー、ピンク、パープルです。

ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色よりも希少性があるために価値が高くなっています。
ですが、価値が高くても、天然の色であることが何よりも大切になっていて、人工的に着色されている色の場合だとダイヤの価値は大きく下がってしまい、買取りの相場も下がってくることになります。

オーバルカットとは、ポピュラーな形でもある小判型のカットをダイヤに施していて、小判型のカットをダイヤに施すことにより、ラウンドカットとは別のリズムや落ち付いたスマートさが魅力です。
カットは、人為的にコントロールが可能になっている唯一の部分にもなっています。しかし、いかに品質が良い原石であっても、その加工が醜ければ価値は全くと言って良いほどなくなってしまいます。
このような性質から、ダイヤモンドの買取価格は、一定の相場というものがなく、査定する人の評価が重要となってきます。

おたからやでは、他社では断られてしまうような精密査定も、問題ありません。
一流査定員がしっかり査定させて頂きます。また、査定料は完全無料!「今日は売る気がないんだけど・・・」という場合も大丈夫です。
大切に査定いたしますので、お気軽にご利用ください。