コラム

ダイヤモンドの買取りをしてもらおう

質屋やジュエリーショップなどダイヤモンドの買取りを行ってもらえるとこにダイヤを持ち込んでお金にしてもらいたい場合には、まずは、そのダイヤの価値が重要になってきます。ダイヤの価値が高ければ高いほどダイヤの金額は高くなりますし、逆にダイヤの価値が低い場合には、金額すら付けてもらえない場合もあります。ダイヤの査定基準となるのは、基本的にどこへ持ち込んだとしても4Cが基本的な査定基準となります。

ダイヤには、透明なものだけじゃなく何と色が付いているダイヤもあり、この色が付いているダイヤは、カラーダイヤモンドと呼ばれ、グリーンやレッド、ブルー、他にもたくさんの色のダイヤが無数にあります。ダイヤの価値も色によって異なっていて、価値が高い色は、ピンクやブルー、パープルといった色になっていて、価値の低い色は、ブラックやブラウンといった色になっています。このブラックやブラウンは、買取りの相場も低くなっています。

4Cの一つにカットがありますが、このカットはどんなことかというと簡単に言えば、ダイヤの形のことです。カットにもクッションカットをはじめとして、様々な名前が付けられていて、名前によってダイヤのカット方法も変わってきます。

ダイヤモンドの買取りとカットについて

ダイヤモンドは、高級なものですが、長年使っていれば飽きてしまったなどを理由に不要になることもあります。そんなときは、質屋などに持っていくことによって、不要になってしまったダイヤを買取ってもらうことができます。ダイヤの金額を決めるのは、そのダイヤの価値によって異なってきます。ダイヤの価値を決める際には、査定して決めることになります。このダイヤの査定は、ほとんどの場合、どこも共通してキャラット、カラー、カット、クラリティが大切になっています。

グリーンなどの色が付いているダイヤは、カラーダイヤモンドと呼ばれていて、色によってダイヤの価値もまた変わってくるのも特徴となっています。価値の高い色となっているのが、ブルー、ピンク、パープルといった色が代表となっていて、ブラックやブラウンといった色は、他の色のダイヤと比較しても、価値の低い色のダイヤとなっています。

クッションカットなどカットには、カット方法によってそれぞれ名前が付けられています。そのカット方法によって、ダイヤの価値や価値、特徴などが大きく変わってきます。また、カットだけは、唯一、人間がコントロールが可能ですが、他のキャラット、カラー、クラリティは、自然の状態で査定されます。

ダイヤの買取り基準とダイヤの形を決めるカットについて

ダイヤモンドに買取りに関して、全てに共通していることがあります。それは、ダイヤの査定基準です。ダイヤの価値を決めるための基準として、4Cがありますが、この4Cで、ダイヤの価値を決めた上で、ダイヤの買取り金額も決まってきます。ですので、質屋でもジュエリーショップでも、この査定基準は、共通しています。

4Cの中の一つにカラーがありますが、このカラーは、ダイヤの色のことをいいます。グリーンなどのダイヤの色によって、ダイヤの価値も決まってきますが、価値が高い色としては、ブルーやピンクなどの色が価値が高くなっていますし、その逆に価値の低い色となっているのが、ブラックやブラウンといった色です。ブラックやブラウンといった色は、価値が低いので、見積もりをしてもらってもたいした金額を付けてもらえません。

ダイヤのカットに関しては、ダイヤの形のことを表していて、カット方法によって、クッションカットといったように名前が付いています。クッションカットの他には、ハートの形をしているハートカットやプリンセスカット、ラフカットなどカットも様々な種類があるので、ダイヤの形も様々です。ダイヤの形は、査定基準にも入ってくるので、非常に大切です。