コラム

ダイヤモンドについてとダイヤのカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、全てに共通していることとして、ダイヤの査定基準があります。ダイヤの査定基準は、必ず4Cが査定基準となっていて、質屋でも、ジュエリーショップに持っていっても、必ずこの4Cが査定基準となっています。

様々な色があるダイヤとして有名なカラーダイヤモンドと呼ばれている種類のダイヤがあります。4Cの中の一つとして、ダイヤの色を査定することになるカラーも含まれています。ですので、価値が高い色もあれば、価値が低い色もあるとうことです。価値の高い色の場合は、希少性がある色の場合が多く、価値の低い色は、その逆で、希少性があまりない色のダイヤは、価値が低くなっています。特にその希少性のないダイヤにあたるのがブラックやブラウンといった色です。この2つの色のダイヤは、他のダイヤと比較しても価値が低いことで有名な色のダイヤになっています。

ラディアントカットなどカットには、それぞれ名前が付けられてます。そのカットだけが持っているそれぞれの魅力がダイヤに反映されることによって、ダイヤは、魅力的な形のダイヤへと変貌していきます。また、ダイヤのカットだけは、人の手によってダイヤの価値が変わることになる唯一の部分でもあります。