コラム

ダイヤモンドの買取りとダイヤのカットのことについて

ダイヤモンドは、ネックレスやイヤリングなどの装飾品のアクセントとして取り付けられていることもありますが、不要になっていらなくなったダイヤを売りたい場合には、質屋などに持っていければいらなくなったダイヤを買取ってもらうことができます。ダイヤの価値が高ければ高いほど高額な金額を付けてもらえますが、価値の高いダイヤであっても、あまりにも状態が悪い場合には、安い金額になってしまったり、値段も付けてもらえない可能性もあります。

カラーダイヤモンドは、グリーンなどダイヤに色が付いています。色が付いているダイヤを複数集めればカラフルなダイヤを楽しむことができます。また、カラーダイヤモンドにも色によってダイヤの価値が変わってきます。ですので、ダイヤといっても必ずしも高い金額が付けてもらえるとは限りませんし、買取りの相場も低くなってしまうことも十分あり得ます。

キャラット、カラー、クラリティ、カットの中で、カットだけは、人の手によってコントロールすることが可能です。人の手によって、様々な魅力的な形のダイヤを作り出すことができます。マーキースカットなどカット方法によって、ダイヤの印象や価値も変わってくることになります。

価値のあるカラーダイヤモンドとマーキースカット

ダイヤモンドの買取りで重要になってくるのは、4Cと言われている4つの基準です。その4つの基準とは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことで、この4つを基準として、ダイヤの買取りが行われています。

ダイヤは、いろいろな種類がありますが、その中でダイヤに色の付いているものをカラーダイヤモンドと呼びます。レッドやオレンジ、イエロー、グリーン、ピンク、パープルなどいろいろな色がカラーダイヤモンドにはあります。その中で、価値のある色は、ブルーやピンク、パープルといった色になってきます。これらの色は、他の色と比べると希少性のある色となっているので、価値も高くなっています。この価値の高い色のダイヤだったとしても、人工的に着色されて色が付けられているダイヤの場合は、自然の色のダイヤと比較しても、極端に価値が下がってきてしまいます。

4C中の1つにカットというのがありますが、このカットとは、ダイヤの形のことです。カットは、4Cの中では、唯一人工的にコントロールすることができます。マーキースカットは、船状の形をしているシャープで、エレガントな雰囲気のシェイプになっていて、細長い石の原石のときに用いられるカットです。

価値の高いカラーダイヤモンドとマーキースカットについて

ダイヤモンドの買取りで行われている基準は、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが基準となっているので、この4つは、最も重要になっています。

ダイヤの中には、ダイヤに色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。レッドやブルー、グリーン、ピンク、パープルといった様々な種類の色のダイヤがあります。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、希少性の高い色となっているので、他の色のダイヤと比べても、価値が高くなっています。ブルーやピンク、パープルといった色のダイヤでも、注意しないといけない点として、その色が人工的に着色されている場合には、そのダイヤの価値は、低くなってしまいます。ですので、見積もりをしてもらっても、低い金額が付けられてしまうので、自然の状態の色であることが最も大切です。

マーキースカットは、船状の形状をしているシャープでエレガントな雰囲気を出すことができるシェイプになっています。マーキースカットは、原石の細長い石のときに用いられているカット方法になっています。その他にも様々な種類のカットがあり、カット方法によって、ダイヤの見た目の印象も大きく変わってきます。