コラム

カラーダイヤモンドとダイヤのカット方法について

ダイヤモンドの買取りで重要になってくるのは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つが基準となっているので、ダイヤの買い取りの際には、この4つは非常に重要になっています。

ダイヤモンドには、いろいろな種類があり、無色透明以外にも、カラーダイヤモンドと呼ばれている色のあるダイヤもあります。
レッドやブルー、オレンジ、イエロー、グリーン、ピンク、パープル、バイオレットなど様々な色の種類があるのが特徴になっています。その様々な種類の色がある中で、希少性があり、価値の高い色のダイヤとしては、ブルーやピンク、パープルといった色になっています。ですが、この価値のある色のダイヤでも、その色が人工的に着色されていると自然の色の状態のダイヤと比較しても、人工的に着色されている方が価値が劣ってきてしまいます。価値が劣ってしまう理由としては、市場などで多く出回っているので、希少性もなくなってきてしまうからです。

ハートカットと呼ばれているカット方法は、ハートの形状をしているカットとなっているので、恋人へのプレゼントとしても人気のあるカットです。
中でも、バイオレットカラーとハートシェイプのものが大きくもてはやされてきています。
ハートといえば、ありとあらゆる場面において、愛情表現をあらわす形として、用いられていることが理由としてあげられるでしょう。
バイオレットについても、その妖艶ともいえる色あいが特徴的といえます。

おたからやの査定員は厳しい専門家研修を受けたプロ査定員のみ。
お品物に眠る価値を見出し、他社より高く買い取ります。査定は無料ですので、お気軽にご相談下さい。