コラム

エメラルドカットとカラーダイヤモンドについて

ダイヤモンドの買取りの基準というのは、4Cと言われている4つのことが基準になっています。その4つとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことを表しています。

ダイヤには、自然の状態であっても色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤがあります。レッドやブルー、グリーン、ピンク、パープル、バイカラーなど様々な色のダイヤが他にもたくさん存在しています。その中でも、希少性がある色として、ブルーやピンク、パープルといった色があります。これらの色は、希少性があるので、価値の高い色のダイヤになっています。価値の高いダイヤであっても、その色が人工的に着色されている色だった場合には、希少性も下がりますし、価値も下がってきてしまいます。ですので、買取りの相場も下がってきてしまいます。

エメラルドカットと呼ばれるカット方法は、エメラルドのカットとして用いられている形をなっています。平面が広くなっているために内包物や傷がある石には向いていないカットとなっていますが、グレードの高い石を用いることによって、ブリリアントにはない、清純であり、透明感のある美しさを得ることのできるカット方法になっています。

バイカラーのエメラルドカットダイヤモンドの買取に重要なのは?

バイカラーのエメラルドカットダイヤモンドの買取は何が重要でしょうか。一つのダイヤモンド内に2種類の色が混在するバイカラーは、その色の配置や種類によって買取相場が変わってきます。たとえばカラーダイヤの中でもレッドやブルー、ピンク、グリーン、パープルなどは希少価値が高く、値打ちも上がります。イエローやブラウン、グレーなどはあまり高価にはなりません。また、2色の配置はカットにもよりますが、エメラルドカットの場合は中央から半分にわかれているのがちょうどよいです。最終的には人の好みによります。

ステップカットに分類されるエメラルドカットの買取では石の透明度が重要になります。ブリリアントカットと違い、キラキラするのではなく透き通った透明感がポイントのカットなので、キズや内包物を誤魔化すことができません。ダイヤモンドでこのカットにされることは珍しく、ダイヤ全体の2%以下しかありません。それほどクラリティ(透明度)が大事なのです。また、大粒であるほど美しさが増します。キラキラしすぎずに落ち着いた品格があるので、着物などの和服にも似合います。

以上、他のカラーやカットと比較してこのような特徴があります。査定の前には皮脂汚れなどもきれいにしておくと印象が良くなります。

ダイヤモンドの価値とエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、重要になっているのは、4Cと言われている、キャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つが最も重要になっていて、この4つを基準としてダイヤの査定が行われます。

カラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤは、色が付いているダイヤとなっていて、レッドやブルー、イエロー、オレンジ、ピンク、パープル、バイカラーといった色まで、実に様々な色のの種類があります。その中で、希少価値の高い色となっているのが、ブルーやピンク、パープルといった色になっています。また、どの色のダイヤにも言えることですが、例え、価値の高い色のダイヤを持っていたとしても、そのダイヤが人工的に着色されている色の場合には、希少価値は下がってきてしまい、見積もり金額も低い金額になってしまいます。

エメラルドカットは、エメラルドのカットとして用いられています。平面が広いので、内包物や傷がある石には向いていないカットとなっていますが。グレードの高い石を用いることにより、ブリリアントにはない、清純で透明感の溢れる美しさを得られるカット方法になっています。ダイヤのカット方法には、他にもいろろな種類があり、そのカット方法によって、ダイヤの印象も大きく変わることになります。