コラム

ダイヤモンドの買取りで行われる基準とラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取り基準となるのは、基本的にキャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つのことを基準にして、買取りが行われています。また、この4つのことを合わせて4Cと呼ばれています。

ダイヤには、色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤもあります。ブルーやレッド、グリーン、オレンジ、ピンク、パープル、他にも様々な色のダイヤがあります。その中でも、ピンクやパープルといった色は、他の色のダイヤよりも、希少性が高いダイヤとなっているので、相場も高くなっています。ここで注意しないといけない点として、ピンクやパープルの色のダイヤでも、それが人工的に着色されたものであった場合には、その価値はほとんどなくなってくるので、注意しないといけません。特に市場に出回っているものに関しては、人工的に着色されたものが多い傾向にあります。

ラウンドカットは、ダイヤの輝きを最も美しく効果的に映し出すことのできる58面体のカットになっています。他のカットと比べて、強い輝きを放つことができます。均等で完璧な丸型のシェイプとなっているので、原石の半分の50パーセントが失われることになります。ですので、他のシェイプと比べて割高になってきます。

ダイヤモンドの買取りとラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取では、主に4Cと言われているキャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが重要になってきますが、他にも普段からお手入れも重要になってきます。普段からダイヤを綺麗にしていれば、見た目の問題で査定価格が低くなってしまうことを間逃れることができます。

また、ダイヤは、無色透明なほど価値の高いダイヤになってきますが、ダイヤの中には、カラーダイヤモンドと呼ばれている色の付いているダイヤもあります。このカラーダイヤモンドは、無色透明なダイヤよりも、価値の高い色のダイヤも存在しています。オレンジやイエロー、レッド、ブルー、グリーンなど様々な色があります。その中では、ブルーやピンク、パープルといった色は、希少性が高い色のダイヤになっているので、他の色のダイヤよりも、最も価値のあるダイヤになっています。ブルーやピンク、パープルといった色のダイヤでも、人工的に着色されたものと自然の色のダイヤを比較すると人工的に着色された色のダイヤは、価値が低くなってしまいます。

ラウンドカットと呼ばれているカット方法は、ダイヤの輝きを最も美しく表現することのできる58面体のカット方法となっていて、強い輝きが放たれています。

ダイヤモンドの買取りで行われている基準とラウンドカット

ダイヤモンドの買取りで、重要になってくることが4つあります。その4つとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4のことで、この4つのことを4Cといいます。この4Cが基準となって、ダイヤの買取りが行われています。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれている色が付いているダイヤがあります。色も豊富で、レッドやブルー、オレンジ、ピンク、パープルなど様々な色のダイヤがあります。その中で、最も希少性があり、価値の高い色のダイヤが、ブルーやピンク、パープルといった色のダイヤになっています。これらのダイヤは、他の石と比べて、価値の高いダイヤになっているので、見積もり金額も高い金額を付けてもらえる可能性が高くなってきます。ですが、人工的に着色されているブルーやピンク、パープルといった色に関しては、自然の色のダイヤほどの価値を持っていないので、買取り金額も低くなってしまいます。

ラウンドカットは、ダイヤモンドの輝きを最も美しく映し出すことが可能になっている58面体のカットです。他のカットと比べて、強い輝きを放っていて、均等で完璧な丸型のシェイプとなっています。原石の50パーセントが失われてしまうので、他のシェイプよりも割高な傾向にあります。