コラム

カラーダイヤモンドの価値とプリンセスカット

ダイヤモンドの買取りでは、重要になってくることが4つほどあります。その4つとは、4つ合わせて、4Cとも呼ばれているキャラット、カラー、クラリティ、カットのことです。この4つは、ダイヤの買取りの上では、欠かせません。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれている色があるダイヤがあります。レッドやブルー、グリーン、イエロー、ピンク、パープル、バイカラーといった色までたくさんの種類があります。カラーダイヤモンドには、たくさんの色がありますが、その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色が希少性が高いダイヤとなっているので、他の色のダイヤと比べると価値の高いダイヤになっています。価値の高いダイヤを綺麗な状態でいくつも持っていたとしても、その色のダイヤが人工的に着色されている場合には、価値は劣ってきてしまうので、買取りの相場も安くなってしまいます。

プリンセスカットには、プリンセスカットという名前以外にも、別名として、スクエアやクァードリリオンカットとも呼ばれています。正方形のカットとなっていますが、主な特徴としては、広いテーブル面から放たれる、気品と情熱を兼ね備えているように見える炎みたいな揺れが欧米で人気があります。

ダイヤモンドの価値とプリンセスカット

ダイヤモンドの買取りでは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが主な査定基準となっているので、ダイヤの買取りをする上では、最も重要になってくる基準になっています

ダイヤには、いろいろな種類がありますが、色が付いているダイヤは、カラーダイヤモンドと呼ばれています。レッド、ブルー、イエロー、オレンジ、ピンクー、パープル、バイカラーといった色まで様々な色の種類のダイヤがたくさんあります。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色と比較しても、希少性がある色として有名で、価値の高い色のダイヤとなっています。ですが、この価値の高い色のダイヤであったとしても、そのダイヤの色が人工的に着色されていて、色が付けらているダイヤの場合は、市場などでたくさん出回ってるということもあり、価値は下がってきてしまいます。

プリンセスカットと呼ばれるカット方法には、別名があります。その別名は、スクエアやクァードリリオンカットという別名になっています。正方形のカットとなっていて、広いテーブル面からは、気品と情熱を兼ね備えているような炎に見える揺れが欧米で人気があります。プリンセスカットの他にもいろいろなカット方法があります。

プリンセスカットとカラーダイヤモンドについて

ダイヤモンドの買取りで、重要になってくる、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つは、4Cとも言われているほどにダイヤの買取りでは、非常に重要になっています。

ダイヤの中には、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。レッドオレンジ、ブルー、ピンク、パープル、バイカラーなど様々な色の種類があります。その様々な種類の色がある中では、ブルーやピンク、パープルといった色が希少性のある色となっているので、価値の高い色のダイヤとなっています。価値の高いダイヤでも、注意しないといけない点として、そのダイヤの色が自然の状態の色ではなく、人工的に着色されている色の場合には、市場に多く出回っているので、希少性もなくなっています。ですので、価値も下がってきますし、見積もりをしてもらっても、低い金額が付けられてしまいます。

カットとは、そのダイヤの形状を表していて、いろいろな種類のカット方法があります。プリンセスカットの場合は、スクエアやクァードリリオンカットといった別名があり、正方形のカットになっています。広いテーブル面からは、気品と情熱を兼ね備えているように見える炎のゆな揺れが欧米で人気があります。