コラム

ダイヤモンドの重要な買取り基準とエメラルドカット

ダイヤモンドの買取りでは、重要になってくることがあります。それは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことです。この4つは、ダイヤの査定基準となっているので、非常に大切なことです。

ダイヤには、カラーダイヤモンドと呼ばれている色が付いているダイヤがあります。レッドやグレー、ブルー、グリーンん、ピンク、パープルなど様々な色のダイヤがたくさん存在しています。その中では、ブルーやピンク、パープルといった色に関しては、希少性がある色となっていて、他の色よりも価値の高い色となっています。ですが、希少性があり、価値の高い色でも、その色が人工的に着色されていて、色が付けられているダイヤだった場合には、希少性もなくなるどころか価値すらも下がってきてしまいます。希少性や価値も下がってしまうので、買取りの相場も当然ですが低くなってしまいます。ですので、カラーダイヤモンドの場合は、自然の色であることが大切です。

エメラルドカットは、内包物や傷がある石にはあまり向いていないカットになっていますが、グレードの高い石を用いることによって、ブリリアントのカット方法では、表現できない、清純で透明感のある美しさを表現することができるカット方法です。

ダイヤモンドの買取り基準になる4Cとエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取りを行う際に査定基準となるのが主に4つあります。それは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことで、この4つのことを4Cと呼んでいます。ですので、ダイヤの買取りは、主にこの4Cが基準となって行われていることになります。

ダイヤは、無色透明なダイヤほど価値が高くなってきますが、ダイヤの中には、色の付いてるカラーダヤモンドと呼ばれるダイヤもあります。レッドやグリーン、グレー、ブルー、ピンク、パープルなど、実に様々な種類の色のダイヤがあります。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色のダイヤに関しては、希少価値が高いダイヤとしても知られています。このブルやピンク、パープルといった希少価値の高いダイヤでも、人工的に着色されたものと比較すると人工的に着色されたは、価値が低くなってしまいます。ですので、自然の状態の色であることがカラーダヤモンドでは、最も重要なことになってきます。

エメラルドカットは、エメラルドの形として用いられているカットとなっていて、平面が広くなっているので、内包物や傷があるような石には向いていないカットになっています。グレードの高い石を用いれば、清純で透明感のある美しさを得ることができます。

ダイヤモンドの重要な買取り基準とエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取で、重要になってくるのは、4Cと言われているキャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つが重要になってきます。ダイヤの買取りは、この4Cが基準となって査定しされています。

ダイヤは透明なもの以外にもレッドやブルー、グリーン、グレ、ピンクといったように色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。いろいろな種類の色があるダイヤの中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色よりも希少性のある色となっているので、価値の高いダイヤです。この価値の高い色のダイヤだったとしても、人工的に着色されて色の付けられたダイヤの場合は、市場に多く出回っているので、希少性もなくなり、価値も低くなってしまいます。ですので、見積もりをしてもらっても、その金額は著しく下がってしまいます。

エメラルドカットと呼ばれているカットに関しては、エメラルドのカットとしてよく用いられています。平面が広いのが特徴になっています。そのために内包物や傷がある石にはあまり向いていないカットとなっていますが、グレードの高い石を用いることによって、ブリリアントにはない清純で透明感のある美しさが出てきます。