コラム

価値のあるカラーダイヤモンドとオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取では、キャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つが重要になってきます。この4つは、4Cと言われていて、ダイヤの買取りは、この4Cが主な基準となり、行われることになりますので、非常に重要になってきます。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤも存在します。カラーダイヤモンドと呼ばれるだけあって、レッドやブルー、イエロー、オレンジ、ピンク、パープルなど様々な色のダイヤが存在しています。その中で、ブルーやピンク、パープルといった色は、最も希少性のあるダイヤとなっていて、他の色のダイヤよりも価値の高い色になっています。この価値が高いと言われている、ブルーやピンク、パープルといった色であってもそのその色が人工的に着色されている場合には、価値は低くなってしまいます。ですので、買取りの相場も低くなってしまうことになってしまいます。

オーバルカットは、他の色石のカットとして、ポピュラーである小判型のカットをダイヤに施していて、ラウンドカットでは表現できないリズムや落ち着きのあるスマートさを得ることのできるカットとなっています。このオーバルカットのポイントは、全体のプロポーションのバランスが取れているかどうかが主なポイントになっています。

ダイヤモンドの4Cとオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取で最も重要になってくることが4つあります。それは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことで、この4つのことを合わせて、4Cと呼ばれていて、ダイヤの買取りは、この4Cを基準にして行われることになります。

ダイヤは、無色透明なもの以外にもダイヤに色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤもあります。イエロー、レッド、ブルー、ピング、パープルといったように様々な色があるのが特徴となっています。その中でも、ピンクやパープルといった色は、他の色のものと比べると希少性があり、価値が高いダイヤとなっています。ピンクやパープルといった希少性がある色のダイヤでも、人工的に着色されているものに関しては、自然のものと比較しても、価値が落ちてしまうので、注意が必要です。

オーバルカットは、楕円形となっているカットで、ラウンドカットよりも、研磨によって失う部分が少なくて済むことがあるというメリットがあるカットとなっています。オーバルカットの他にも、カットはたくさんあり、ランドカット、ハートカット、マーキースカット、エメラルドカットといったように様々なカットがり、いろいろな形状のカットを楽しむことができます。

ダイヤモンドの買取とオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取を行う際に最も重要になってくることが4つあります。その4つは、キャラット、クラリティ、カラー、カットの4つのことで、これらの4つのことを合わせて、4Cと呼ばれています。キャラットは、重さを表していて、クラリティは、透明度、カラーは色、カットだけは、唯一人工的にコントロールすることが可能な部分となっています。ダイヤの見積もりをしてもらう際にもこの4Cが最も重要になってきます。

イエローなどの色の付いているダイヤは、カラーダイヤモンドと呼ばれていて、イエローの他にもブルーやレッド、ピンク、オレンジなどの様々な色があります。その中でも、最も希少性の高い色のダイヤがピンクやパープルといった色です。これらの色は、希少性が高いので、買取価格も高くなってきます。

オーバルカットと言われているカットは、他の色石のカットとして、ポピュラーである小判型のカットをダイヤに施してあげることにより、ラウンドカットにはないようなリズムや落ち着きのあるスマートさを得られるカットとなっています。このオーバルカットは、全体のプロポーションのバランスが取れているかどうかが最も重要になってきます。オーバルカット以外にも、ハートカットやエメラルドカットなどいろいろなカットがあります。