コラム

ダイヤモンドの価値について

ダイヤモンドの買取りの相場は、とても変化が激しいですが、ダイヤの買取りでは、必ず共通してくる大切なことがあります。
それは、ダイヤの査定基準です。ダイヤの査定基準は、どこへ行っても必ず4Cが査定基準となって、ダイヤの金額を付けることになります。
4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことを指していますが、この中のカットだけは、他の三つとは違って、人間がコントロールできる部分になっているので、人間の手によって、ダイヤの形が変わってくることになります。

カラーダイヤモンドのブルー、ピンク、パープルといった色は、価値の高いダイヤとして知られていて、このようにダイヤの色によって、価値の高いものや価値の低いものが存在します。
また、無色透明なダイヤは、最も価値が高いダイヤとなってますが、ダイヤの色によっては、無色透明なダイヤよりもさらに価値の高いダイヤも存在します。

天然のカラーダイヤは濃ければ濃いほど価値が高くなります。
しかし薄めだとピンクダイヤと間違われ、濃すぎても赤紫が赤茶っぽくなりブラウニッシュピンクと間違われます。
なので査定書の確認や信頼のおける査定員に見てもらうことが大事です。

おたからやの査定員は厳しい専門家研修を受けたプロ査定員のみ。
お品物に眠る価値を見出し、他社より高く買い取ります。