コラム

ダイヤの買取りと人の手でコントロールできるカットについて

ダイヤモンドの買取りは、どこで行ってくれるわからないという場合には、質屋に持っていくのが一番手っ取り早いです。他にも金やプラチナを買取ってくれるという看板がある場合には、そこでも売ることができます。また、ジュエリーショップでも、不要になったダイヤを売ることはできますが、ジュエリーショップの場合、売ることができるダイヤは限られていて、かなり価値の高いダイヤでないと値段すら付けてもらえない場合もあります。

グリーンなどの色の付いてるダイヤのことをカラーダイヤモンドと呼んでいますが、カラーダイヤモンドには、天然の色のものと人工的に着色されて、人の手によって色が付けられたダイヤがあります。どちらが価値が高いかというと天然の色のダイヤの方が価値は高くなります。人の手によって色が付けられたダイヤは、市場といったお店などで多く出回っているために価値は下がってしまい、買取りの相場も極端に下がります。

ダイヤのカットに関しては、キャラット、カラー、クラリティの中で、唯一、人の手によってコントロールすることができる部分になっていて、ダイヤの形のことをカットと呼んでいます。プリンセスカットなどカットにもダイヤの形によって種類があります。

ダイヤモンドの価値とプリンセスカットについて

ダイヤモンドには、買取りの基準となってくることが4つあります。その4つとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことで、この4つは、4Cとも言われていてるぐらいにダイヤの買取りを行う際には、必要不可欠になってくる基準となっています。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤがあります。レッドやブルー、イエロー、オレンジ、グリーン、ピンク、パープルなど様々な色の種類があります。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色には、他の色と比較すると希少性のある色のダイヤとなっているので、他のダイヤよりも価値が高くなってくる色のダイヤとなっています。ですが、いくら価値のあるダイヤが持っていたとしても、そのダイヤの色が人工的に着色されている色の場合には、せっかくの価値がある色のダイヤも価値は下がってきてしまいます。

プリンセスカットと呼ばれているカット方法には、プリセンスカットという呼び方以外にも別名があり、スクエアやクァードリリオンカットと呼ぶこともあります。このプリンセスカットは、広いテーブル面から放たれている気品と情熱を兼ね備えている炎のような揺れが欧米で人気のあるカット方法になっています。

カラーダイヤモンドのそれぞれの価値とプリンセスカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、見た目が綺麗かどうかも重要になってきますが、最も重要になってくるのが、キャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つが主な査定基準となるので、ダイヤの査定をするにあたって、最も重要な事柄です。

ダイヤには、色があるカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤがあります。レッドやグリーン、ブルー、オレンジ、イエロー、ピンクなど様々な種類の色があるのがカラーダイヤモンドの一番の特徴となっています。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、希少性のある色となっていて、他の色のダイヤよりも価値の高いダイヤになっています。この価値の高いダイヤでも、人工的に着色されている色のダイヤの場合には、自然の色の状態のダイヤと比べても価値は劣ってしまうので、見積もりをしてもらっても、低い金額が付けられてしまいます。

ダイヤの形状を決めることになるカット方法の一つとして、プリンセスカットと呼ばれるカット方法があります。プリンセスカットは、別名があり、スクエアやクァードリリオンカットともいいます。主な特徴としては、広いテーブル面から放たれる気品や情熱を兼ね備えている炎ような動きが特徴です。