コラム

ラウンドカットレッドダイヤを売る時気をつけておくべき事

ラウンドカットレッドダイヤモンドは見た目が美しく、また数が少ないため非常に価値の高いカラーダイヤの一つだと知られています。そこに漬け込んで売却者を騙そうとするお店もあるので、注意すべきポイントをご紹介しましょう。

まず、トリートメントと言われた時にはすぐに売らない方がいいです。レッドダイヤモンドのようなカラーダイヤは普通のダイヤモンドと比べて偽物が判別しにくいです。しかし、それを悪用してわざと本物を偽物という査定員もいます。すぐには売らず、他店舗でも見積もりを出しましょう。2つ目が、査定経験の多い査定員に見てもらう、ということになります。日本ではカラーダイヤの流通が少ないため、どうしても査定員の経験が少ないことが多いです。そのため、買取相場からかけ離れた値段で売る恐れもあるのです。高い方に流れればいいのですが、基本的低い方へと流れてしまうので、経験の少ない人に見てもらって高価買取は望めません。最後に気をつけたほうがいい点はダイヤを多く扱っているお店に出したほうがいい、という事です。ダイヤは回りが良いお店の方が高値で買い取ってもらえます。なので、できるだけ大手のお店で売ることにしましょう。

以上のことを守ってもらえれば損せず売れると思います。是非とも参考にしてみてください。

カラーダイヤモンドの種類について

ダイヤモンドは有名な宝石ですから、みなさんご存知のはずですが、透明以外のカラーダイヤについては存在すら知らないという人もいるのではないでしょうか。なぜならカラーダイヤは、希少でなかなか身近に見ることができないからです。ラウンドやハート、プリンセスカットなど、カットに様々な種類があるのと同じように、実は、ピンク、レッド、ブルー、グリーン、イエローなど、ほぼ全ての色があるといっていいほど様々なカラーダイヤが存在しています。なぜ色付きのものがあるのかといいますと、ダイヤが作られる際に、窒素などの不純物が混入して色に影響を与えているとされているからです。とはいえ、実はきちんと科学的に証明されたわけではないので、本当の正確な原因はいまだにわかっていないのです。そう考えますと、より、ダイヤの神秘性が増すことでしょう。

カラーダイヤは、非常に希少ですから、もし買取を行ったのなら、とんでもない高額な取り引きになるでしょう。とはいっても、やはり市場に出回っていないので身近に存在することがありません。よく宝石店にあるカラーダイヤは、人工的なもので、天然のカラーダイヤとは比較にならないほど安価手に入れることができます。素人が見ても違いがわからないほど人工ダイヤの技術も進化していますから、もし、購入する際には人工や天然のものがあることを踏まえて購入するようにしましょう。

情熱のダイヤモンドは高く売ることが可能

ダイヤモンドは常に需要がある宝石の王様ですが、この中でもレッドのラウンドカットなら抜群の需要があります。

ラウンドカットはダイヤの輝きや質感が最大限に活かせるカット法で、見る角度によって輝きが違うため大勢の方から支持を集めているカット方法です。ジュエリーからアクセサリーまで身につける装飾品に用いられることも多く、セレブから人気があるカットともなっています。買取の際にはその見積金額が他のダイヤのカット方法より高くなるので、これらのカットが使われた商品をお持ちの方はダイヤ専門のショップに引き取り依頼してみましょう。レッドカラーのダイヤモンドは情熱的な色合いが人気を集めていますので、査定店に持ち込めばスタッフも親切丁寧に査定をしてくれます。見積価格に納得が行かなければ他のお店で引き取ってもらうことも可能ですので、買取店は厳選してみましょう。ネット上で複数のお店に大まかな査定を依頼できるシステムもありますから、そうしたシステムも是非活用するとよいでしょう。レッドカラーのダイヤモンドでラウンドカット工法が採用されているモデルの場合見積額も満足の行くものになりますから、買取に出す際には是非お好きな店舗に行くようにしましょう。