コラム

カラーダイヤモンドとオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取りの相場は、変化が激しいことで有名です。ダイヤの買取りの基準となるのは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4Cと言われているこの4つが主な基準となって、ダイヤの買取りが行われます。

ダイヤには、無色透明なもの以外にも色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤもあります。レッドやイエロー、ブルー、グリーン、バイオレット、パープルといった色は、他のダイヤよりも希少性のあるダイヤとして知られていて、価値も他の色の石のダイヤよりも高くなっています。ここで、注意しないといけないことが、いくら希少性があったり、価値のあるダイヤだったとしても、その色が人工的に着色されている色の場合には、希少性や価値も低くなってしまいます。ですので、自然の状態の色であることがカラーダヤモンドの中では、大切になってきます。

オーバルカットと呼ばれているカット方法は、ポピュラーである小判型のカット方法となっています。この小判型のカットをダイヤに施すことにより、ラウンドカットでは表現できないリズムと落ち着いたスマートさを得ることができます。オーッバルカットは、全体のプロポーションのバランスが最大のポイントとなっています。

カラーダイヤモンドの価値とオーバルカット

ダイヤモンドの買取りで、重要になっているのは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つですが、この4つは、合わせて4Cとも呼ばれています。

ダイヤには、無色透明なダイヤ以外だけではなく、中には、色が付いているダイヤがあり、この色が付いているダイヤのことをカラーダヤモンドと呼んでいます。レッドやオレンジ、ブルー、グリーン、ピンク、パープル、バイオレットなど様々な種類の色のダイヤが多く存在しています。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色のダイヤと比較すると価値が高く希少性もあるお色となっています。この価値が高い色のダイヤでも、その色が人工的に着色されていて、自然の状態の色でない場合には、価値がある色のダイヤだったとしても、その価値は自然の状態の色のダイヤよりも劣ってしまいます。

オーバルカット呼ばれているカット方法は、どのようなカット方法になっているかというとポピュラーである小判型のカットをダイヤに施しているカットになっていて、小判型のカットをダイヤに施すことにより、ラウンドカットとは違ったリズムと落ち着きのあるスマーツさを得ることができます。全体のプロポーションのバランスが最も重要になっているカット方法です。

カラーダイヤモンドとオーバルカット

ダイヤモンドの買取では、最も重要になってくることがあります。それは、4つあり、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことです。この4つが基本的なダイヤの買取り基準になっています。

ダイヤには、色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。レッドやグリーンブルー、イエロー、オレンジピンク、バイオレットなど様々な種類の色のダイヤがたくさん存在します。そのたくさんのカラーダイヤモンドがある中では、ブルーやピンク、パープルといった色が最も希少性のある価値が高い色のダイヤとなっています。この希少性のある価値が高い色のダイヤだったとしても、その色が人工的に着色されていて、自然の状態の色でない場合には、価値が下がってきてしまいます。ですので、見積もり金額も低くなります。

オーバルカットは、他の色石のカットとしては、最もポピュラーである小判型のカットをダイヤに施していて、ラウンドカットでは、得られないリズムや落ち着いたスマートさを得ることができるカット方法になっています。オーバルカットは、全体のプロポーションのバランスが取れているかどうかが最も重要になっています。他にもいろいろなカット方法があり、カットによって、ダイヤの形をも大きく変わります。