コラム

ダイヤの輝きを引き立てるカットの買取相場

バイオレットカラーのダイヤモンドというのは落ち着きのあるカラーから独特の穏やかな輝きを放っています。その中でもプリンセスカットのカット方法が採用されているダイヤの場合には一際輝きが違います。こうしたカットとカラーのダイヤが使われているジュエリーは不要になって売却をする際にも高値で引き取れる傾向にありますので、今現在これらの材質で出来たジュエリーにアクセサリー等を持っている方は専門店で売ることにしてみましょう。

専門店での買取査定は相場の基準額に基づいて査定がなされることになりますが、それ以外にも宝石査定の査定方法に則った査定が行われます。まずそのダイヤの重さと密度を調べて値段を付けて、次にカラット数を調べます。査定書が同封されている場合にはその査定書の真贋なども確かめてから始めて価格が決められます。いずれの査定法を使う場合でもバイオレットカラーのプリンセスカットのダイヤモンドはマイナス査定されることはありませんので心配する必要はないでしょう。買取の際にはスタッフが丁寧な接客にて行なってくれるので、気持ちの良いサービスが受けられます。プリンセスカットのダイヤモンドは買取店に売ることにしましょう。

プリンセスカットとダイヤモンドの買取りについて

ダイヤモンドの買取のときに行われることになる基準は、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つが主な基準となっています。ですので、この4つは、ダイヤの買取りを行う上では、欠かせない基準になっています。

カラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤは、色の付いているダイヤとなっています。レッドやグリーン、ブルー、イエロー、オレンジ、パープル、バイオレットなど様々な種類の色があるのが特徴となっています。その中でも、ブルーやピンク、パープルといった色は、他の色と比較しても希少性がある色のダイヤとして知られています。ですので、他の色のダイヤよりも価値の高いダイヤとなっていますが、その色が人工的に着色されている場合には、希少性がなくなるだけでなくダイヤそのものの価値も大きく下がってきてしまいます。

ダイヤのカット方法にはいくつものカット方法があり、そのカット方法によっては、ダイヤの形状や特徴、見た目の印象まで大きく変わってきます。プリンセスカットの場合は、スクエアやクァードリリオンカットとも呼ばれていて、正方形のカットとなっています。広いテーブル面から放たれている気品や情熱を兼ね備えているように見える炎のような輝きが欧米で人気があります。

ダイヤモンドのカットや買取りについて

ダイヤモンドの買取りは、一般的にどのようなとこで買取ってもらうことができるかというと一番一般的なのは、質屋です。質屋の他にもジュエリーショップでも買取ってもらうことも可能です。ダイヤの金額は、そのダイヤの価値によって左右されてきますが、ダイヤの価値を決める際には、4Cと言われている査定基準が重要になっています。

カラーダイヤモンドには、バイオレットなどの色もあり、様々な色のダイヤがたくさん存在しています。様々な色のダイヤがあるので、カラーダイヤモンドの中には、価値のある価値のない色というのも存在します。その価値のない色というのがブラックやブラウンといった色になっています。このブラックやブラウンといった色のダイヤを査定してもらったり、見積もりをしてもらったとしても、たいした金額には、なりませんし、場合によっては値段すら付けてもらえないこともあります。

ダイヤのカットは、人間がコントロールする部分になっていて、非常に重要な役割を果たします。ダイヤの査定基準の4Cの中には、カットも入っているので、ダイヤのカットの状態が悪ければダイヤの価値も低くなります。プリンセスカットなどカットの種類も豊富にあります。