コラム

ダイヤモンドの査定基準とダイヤのカットについて

ダイヤモンドの買取りでは、4Cといわれている4つのことが査定の基準となっていて、この査定基準というのは、質屋でもジュエリーショップでも共通していえることです。

ダイヤの査定基準にカラーが入っていることもあり、ダイヤの色によって、ダイヤの価値も変わってきますが、ピンクの色のダイヤは、希少性があるので、価値が高いダイヤとなっています。ブラックやブラウンなどの色に関しては、希少性がなく市場に行けば多く売られていたりするので、買取りの相場も低く価値も低い色のダイヤとなっています。カラーダイヤモンドの場合、希少性が高いほど価値が高くなってきますが、バイカラーといった特殊なダイヤも価値が高いダイヤとなっています。

査定の基準になる4Cの中に入っているカットは、ダイヤの形のことで、このカットだけは、天然の状態ではなく人の手によって、加工される唯一の部分です。人の手によって加工されることもあり、カットを担当した人の腕によって、ダイヤの価値も高くなったり、低くなったりと分かれてきます。クッションカットなどカット方法も様々で、いろいろなカット方法があるので、自分のお気に入りのカット方法を見つけることができます。

クッションカットは角が丸いのと大きな面があるのが特徴です。大きな面にはダイヤモンドのクラリティ(透明度)がはっきり影響します。キズやインクルージョン(内部の不純物やひび割れ)があるととても目立ってしまい、輝きを損なう可能性があります。ピンクダイヤモンドはインクルージョンを多く含んでいることが多いので、キレイな輝きを求めるのは難しいかもしれません。ただし天然のピンクダイヤは希少性の高さから、カラー(色)とカラット(重量)だけで価値が決まる側面があるので、インクルージョンがあったとしても買取時の見積額はとても高価になるでしょう。とくにパープリッシュと呼ばれる少し紫がかったものは美しくて人気が高く、通常のものよりも高価な場合があります。茶色がかったものやオレンジがかったものは評価がかなり落ちます。また、人工処理して色を出したものは天然のものに比べて価値が落ちます。お店で見かける安いものはほとんど人工のものなので、査定書などをチェックするなどして気を付けましょう。

もし売却をご検討の場合でしたら、是非一度、おたからやにご相談ください。
査定料は完全無料ですので、「この状態でも売れるかが心配・・・。」という悩んでいる場合も、お気軽にご相談ください。
他社では断られてしまうような精密査定も、一流査定員がしっかり査定させて頂きます。