コラム

オーバルカットのレッドダイヤモンド買取事情

オーバルカットのレッドダイヤモンドの買取はどのような点が重視されるのでしょうか。
カラットが大きければ大きいほど高価になるのはもちろんですが、カットとクラリティ、カラーの評価も見逃せません。

オーバルカットはファンシーシェイプブリリアントカットに分類され、ラウンドブリリアントカットと比べると若干需要が落ちてしまいます。しかし、縦に長い小判のような形をしているので、指輪に合わせると指が細長く見せることができ、とても人気が高いです。このカットは左右対称にカットするのが難しく、全体のプロポーションと仕上がりが評価に影響を与えます。明確な基準はありませんが、左右対称でプロポーションがキレイなものは良い評価が得られます。クラリティ(透明感)や輝きも大事ですが、全体の印象もよく見ておきましょう。

レッドダイヤモンドは天然のファンシーカラーの場合は非常に高価な相場になります。しかしながら市場に出回っているレッドダイヤはほとんどが人工的に色を出したトリートカラーです。
世界中の宝石商でさえ目にした人がごく少数なとても珍しい色なのです。
トリートカラーの場合はファンシーカラーよりもかなり価値が下がってしまいますが、お手頃に鮮やかなビビッドカラーを楽しめるということで需要はあります。

もし売却をご検討の場合でしたら、是非一度、おたからやにご相談ください。
査定料は完全無料ですので、「この状態でも売れるかが心配・・・。」という悩んでいる場合も、お気軽にご相談ください。
他社では断られてしまうような精密査定も、一流査定員がしっかり査定させて頂きます。