コラム

ラウンドカットとレッドダイヤモンドの買取について

ダイヤモンドには色々な方法のカットの種類があります。ラウンドカットであれば上面が円形になっており、人気の高さから20世紀を代表するカットと言われています。ラウンドカットはブリリアントカットに分類されるカット方法となり、ブリリアントカットは1919年に宝石職人のマルセル・トルコフスキーが開発したカッティングです。
ダイヤモンドはカラーの違いによって希少さが異なってきます。特にレッドダイヤモンドはかなり希少のカラーとされており、存在すら知らない人も多いです。レッドダイヤモンドはかなり希少なカラーとされていますので、状態の良いものですとマンションを買えるくらいの額で取引される事も少なくありません。

超貴重!レッドダイヤモンドとは!?

ダイヤモンドといえば、高級宝石の代表です。ダイヤのネックレスや指輪は誰もが憧れます。しかし、ダイヤモンドにも種類があり、価値は異なります。それに伴って買取相場も異なります。ダイヤモンドは基本的に、カラット、カット、カラー、クラリティの4つの観点で価値が決定されます。総合的なグレードが高いものほど高級で買取相場も高いです。今回は、カラーの点からレッドダイヤモンド、カットの点からラウンドカットをご紹介します。
まず、レッドダイヤモンドですが、これはカラーダイヤモンドという色のついたダイヤモンドの一種です。カラーダイヤには、イエロー、ピンク、グリーン、ブラウンなど様々な種類が存在しますが、なかでもレッドダイヤモンドは希少でなかなか市場に出回ることがありません。実際に実物を見ることができれば幸運といえるでしょう。
つぎは、ラウンドカットですが、このカット方法では光の屈折率を最大限に利用しており、モザイク模様の強い輝きを放ちます。原石が半分ほどまで研磨されてしまうという欠点もありますが、それに見合う神秘的な輝きがあるとされています。また、正確で高いカット技術が要求されることもラウンドカットの特徴です。

レッドダイヤモンドとラウンドカットの買取額

ダイヤモンドの買取価格は状態や希少さによって変わってきます。色がついていない透明なものよりも色のあるカラーダイヤモンドの方が買取価格は高くなる傾向にあります。例えばレッドダイヤモンドやピンクダイヤモンドなどのかなり希少なものですと、多少状態は悪くてもかなりの高値になる事が多いです。レッドダイヤモンドはあまり市場に出回らないので存在すら知らない人も多くいます。
ダイヤモンドの中には様々なカット方法があります。数多くあるカットの中で特にポピュラーであるのがラウンドカットです。ラウンドカットはブリリアントカットに分類されるカット方法であり、ブリリアントカットはマルセル・トルコフスキーという職人によって1919年に開発されました。

おたからやは、査定料は完全無料です。「今日は売る気がないんだけど・・・」という場合も、大丈夫です。
大切に査定いたしますので、お気軽にご利用ください。