コラム

ラフカット加工のレッドダイヤモンドの買取について

天然のカラーダイヤモンドは珍しい物で、トリートメントされたカラーダイヤと比べて、価値が高くなっています。そして、カラーダイヤの中でも赤は、黄色などと比べて特に珍しく、一般的に高値がついています。そして、ラフカットとは、原石の形を生かしたカット手法で、石本来の野性味あふれる魅力を残しつつも、宝飾品としてのエレガントさを持ち合わせている物です。こちらの加工が施されたダイヤモンドも人気が高い一品です。 以上の特徴がレッドダイヤモンドと、ラフカットダイヤモンドの特徴ですが、この人気の2つの特徴が合体したラフカットダイヤモンドは、価値が高く、人気があるといってよいでしょう。そのため、持ち合わせている方で、買取を希望している方は、売却してもお金にならないという心配はしなくても良いです。ただし、一点、注意しておくべきことがあります。それは、ダイヤモンドというものは、その価値が、石本来の希少性だけでなく、カットの質、大きさに左右されるという点です。つまり、それらの品質が低い物であれば、ラフカットのレッドダイヤモンドとはいっても、買取価格が低下する可能性はあるという点です。ただし、出所がしっかりしており、一流の職人が加工した物であれば、その心配はする必要はないでしょう。