コラム

レッドダイヤの買取価格はどのくらいか

レッドダイヤは日本では流通の少ないカラーダイヤの1つです。そのため、店舗による買取価格の変動が激しいのが特徴でしょう。売る際、大損をすることがあるので、その時注意すべきポイントを簡単にご紹介いたします。 まずダイヤモンドは4Cと呼ばれる基準で判断されることを覚えておいてください。特にカットとカラットは重要で、半分以上がこの項目で決まります。ちなみにカットは光をうまく反射させる度合いのことで、反射させるのに最適なラウンドカットにしかグレードがつきません。そのためクッションカット等、ほかのシェイプは対称性と研磨の度合いで判定します。また、カラーダイヤで注意しなければいけないのは色合いについてです。色は濃ければいいというものではなく、明るさも考慮されます。これらを総合的に見て、美しいと思われた色合いが高い値をつけるんです。 上記から、売る時に気をつけなければいけないことが分かってきます。1つは店舗による価格の変動について知っておくこと。つまり、いろいろな店舗で買取の見積もりを出しましょう。次に、シェイプは流行りのものがいいこと。その時流行りのシェイプならクッションカットでも高値をつけます。そして最後に、見た目で美しいと思えるか、です。所持しているレッドダイヤモンドが、これらを当てはめ、かつ低価格を付けられた場合は注意しましょう。必ずほかの店舗で高値をつけてくれるはずです。

情熱的なカラーのダイヤモンドは相場も高い

周囲の人に対して情熱的な印象を与えることができるカラーのレッドは、ジュエリーなどでも多用される色の一つです。ダイヤモンドもその例外ではなく、特にクッションカットの物が人気となっています。こうした商品は不要になった時に買取を依頼する際にもその相場が安定しているので、何時でも満足できる金額での買取が実現できます。レッドのクッションカットのダイヤモンドの相場が安定している理由としては、ダイヤモンドが絶対的で普遍的な価値のある宝石という点にあります。またレッドのクッションカットのダイヤモンドの需要も高いということも相まって買取相場が安定しているのです。クッションカットのダイヤモンドはレッドカラーの物が人気ですが、その他のカラーでも大変人気があるのです。買取店舗によって査定金額は違ってくる物の、相場は何時でも安定しているので売却時も焦る必要はありません。買取の方法はダイヤモンドをお店に持ち込んで査定してもらう方法が一般的な方法ですが、宅配買取という形でレッドのクッションカットのダイヤモンドを直接買取店に送る方法もありますので、買取店舗が近くに存在していないという地方の方はぜひダイヤモンドを宅配買取などで査定しましょう。

クッションカットのレッドダイヤの買取価格はどうなのか

今回はクッションカットをしたレッドダイヤモンドの買取価格についてお話します。レッドダイヤを代表とするカラーダイヤモンドは、プロの査定員でも判定が難しく、誤った見積もりを出すことが多く、以下のことを参考に損をしないよう心がけてください。 まず第一条件に、レッドダイヤは比較的に発掘量が少なく査定回数がとても少ないです。特に日本では出回りが少なく、入荷しても即座に売り切れになってしまい、その時の相場というものが曖昧となっています。その理由としては比較対象が少ないため、販売するお店の独断で金額を決めてしまうからでしょう。 それでは売る時に注意すべきポイントはなんなか。それは3つあります。一つはカットによる影響が少ないこと。もう一つが間違った判定を起こしやすいこと。そして色合いは濃さと明るさで判定されるという3点に注意しましょう。 カットの影響が少ないというのは、カラーダイヤは光の反射を考慮しなくていいので、どのカットでも見た目は変わりません。その時代に好まれるシェイプの場合少し高くなるかもしれないのでクッションカットも高くなり得るという程度で考えてもいいです。二つ目は、カラーダイヤの相場が曖昧ということが原因となって、査定員も混乱しやすいため、失敗が起こりやすいんです。最後のは絶妙な色合いが一番高価買取を望みやすいということを知っておけば大丈夫です。 これを把握していれば損をせず売れるでしょう。