コラム

ラウンドカットのホワイトダイヤモンドの特徴や買取相場について

ラウンドカットとは、ラウンド・ブリリアントカットの略で、ダイヤを58面体の形にカットしたものです。このカット形式の特徴は、光の反射が効率よくなるため、輝きが増すという点にあります。そして、その見た目の美しさから、最も用いられているカット方式の一つです。そして、人気も高く、買取相場は高値傾向にあります。特にホワイトダイヤモンドは、落ち着いた発色をするため、いろいろな衣装に合わせても違和感がないので、幅広い年齢層の方に人気があります。
このような特徴を持つ、ラウンドカットのホワイトダイヤモンドですが、カットの技術や石の大きさで買取価格が変化します。特にカットには評価基準があり、上からExcellent、Very Good、Good、Fair、Poorの5段階の評価基準があります。一番上のExcellentなら、どの店にもっていっても、満足のいく価格になります。逆にpoorであれば、そこそこの価格にとどまるでしょう。
以上が、買取の際の評価ポイントですが、買取の際には査定書を持っていくと、高額な査定となります。もちろん買取をするお店は、すべてチェックして、良い物には高い値段をつけるのですが、信用できる機関によって査定された査定書があることで、付加価値がつきます。そのため、買取価格自体がより高くなるのです。買取を考えている方は、その点を頭に入れておくと良いでしょう。

ラウンドカットとホワイトダイヤモンドの相性と買取相場について

ホワイトダイヤモンドは、名前はホワイトですが、無色透明のダイヤモンドを指します。ダイヤモンドは鉱物ですので、不純物が入っていることの方が多いため、全くの透明なホワイトダイヤモンドは、大変に価値があり、古くから人々に愛されてきました。一方ラウンドカットは、ラウンド・ブリリアントカットのことで、円形に加工します。この手法は、19世紀に流行したものなので、クラシカルなカット手法です。
以上の特徴を持っている、ラウンドカットのホワイトダイヤモンドは、派手さはないものの、伝統的なカットと、代表的なカラーであるという特徴を持っているので、品質が良ければたいへん価値が高いです。そのため、買取相場は高いと言ってよいでしょう。しかし、実際に相場はいくらかということは、一概には言えません。なぜなら、買取価格は、需要と供給によっても大きく変わるからです。かつてはこのカットが流行したということからも分かる通り、時代により、流行りのカットも変わります。したがって、実際にいくらか知りたいのであれば、査定に出すことをお勧めします。査定はたいてい、無料で行われていますので、満足できなければ売らないで、そのまま保有しておくこともできます。また、高値が付い時に売るということもできます。ホワイトダイヤモンドは珍しい物なので、以上の点を考慮し、できるだけ高い値段で買い取ってもらいましょう。

ラウンドカットのホワイトダイヤモンドを買取してもらう際に

ホワイトダイヤモンドは、一般的にイメージされる、無色透明のダイヤモンドのことです。決して白いわけではありません。色がついていないというのは、味気なく感じるかもしれませんが、自然界で、色が混じっていないダイヤモンドの原石は、実比較的希少です。多くは部分的に色が混ざっていたり、濁っていたりするので、小さいサイズの無色のダイヤモンドは作れても、大きな物は作れない場合が多いです。したがって、大きなホワイトダイヤモンドは、たいへん価値がある一品と言えます。そして、ラウンドカットは、円形にダイヤモンドをカットします。オーソドックスで、冒険をしているデザインではありませんが、エレガントで上品な印象を与えます。そのため、時代を問わず、人気が高いカット手法です。
以上の特徴を総合すると、ラウンドカットのホワイトダイヤモンドは、買取の際にも、高値を期待できる代物です。ただし、カットのされ方、つまり加工者の技量が低いと、見た目が悪くなります。通常、そのような貴重な原石を加工するのは、一定の技術を持った職人が行うため、そのような物はあまり見かけないと思いますが、ゼロではありません。したがって、評価は実際に査定してもらわなければわかりません。

もし売却をご検討の場合でしたら、是非一度、おたからやにご相談ください。
おたからやでは、海外にも独自販路を多数持っていることが強みです。
さらに、メンテナンスをすべて自社完結し、大幅なコスト削減を実現しています。
このような理由から、他社圧倒の高価買取実績をあげています。
査定は完全無料ですので、お手元に使わなくなったホワイトダイヤモンドがある場合は、ぜひ一度ご相談ください。