コラム

ホワイトダイヤモンドの買取とエメラルドカットについて

ホワイトダイヤモンドを持っている方やエメラルドカットのダイヤモンドを持っている方で買取をしてもらいたいという人もいる事と思います。しかし、買取をしてもらう前にこの事について知っておくのもいいかもしれません。
ダイヤモンドというと、色のついていない無色透明のものを想像するかもしれません。しかし無色透明なものについては「ホワイトダイヤモンド」と呼ばれており、これが一番流通している種類のダイヤモンドです。そして王道のダイヤでもありフォーマルな衣装からドレスなどの華やかな衣装まで幅広い服装に合わせることができ、様々なシーンで利用出来るため、一つ持っていると大変重宝します。シンプルですが主張しすぎることがなく、華やかな雰囲気の場面でも落ち着いた雰囲気の場合にも馴染みます。
エメラルドカットの形状や輪郭の特徴はパビリオン(ダイヤモンドのガードルから下の部分)のカットが長方形になっているので、独特の光の外観を作り出しています。このカットはエメラルドによく使われ、すっきりとした線で宝石の色を生かすのに適しているカットです。 大きく開放的なオープンテーブル(トップの面)の大きさのおかげで、ダイヤモンドの透明度が際立ちます。またエメラルドカットのダイヤモンドは、長方形の形が一つ一つ異なっていることも特徴の一つです。

ダイヤモンドの買取基準とエメラルドカットについて

ダイヤモンドの買取の相場は、買取に出すダイヤによって大きく異なります。ダイヤモンドには、そのダイヤだけが持っている価値や希少性などが様々ですので、買取の相場も大きく異なってきます。また、ダイヤモンドの買取は、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つの事柄を重視して行われることになります。この4つの事柄のことを合わせて4Cと呼んでいます。
ダイヤの中には、透明のものだけでなく、ホワイトなど色の付いているダイヤも存在しています。この色の付いているダイヤは、カラーダイヤモンドと呼んでいます。ホワイトなどの色の付いているダイヤモンドの中にも希少性の高い色のダイヤも存在しています。ブルーやピンク、パープルといった色が最も希少性の高いカラーダイヤモンドとなっています。また、カラーダイヤモンドには、天然のものもあれば、人工的に着色されたダイヤもあるので、買取に出す際には、天然のものであることが重要になってきます。
エメラルドカットと呼ばれるカット方法は、エメラルドのカットとして頻繁に用いられる形になっています。平面が広いので、内包物やキズがあるような石には、エメラルドカットは向いていません。ですが、グレードの高い石を用いることにより、清純で透明感溢れる魅力を得ることができます。

もし売却をご検討の場合でしたら、是非一度、おたからやにご相談ください。
査定料は完全無料です。「今日は売る気がないんだけど・・・」という場合も、大丈夫です。
おたからやでは、海外にも独自販路を多数持っていることが強みです。さらに、メンテナンスをすべて自社完結し、大幅なコスト削減を実現しています。このような理由から、他社圧倒の高価買取実績をあげています。